iMacros

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu
VERSION BUILD=8970419 RECORDER=FX
TAB T=1

TAG POS=1 TYPE=A ATTR=TXT:編集
TAG POS=1 TYPE=TEXTAREA FORM=ACTION:http://funaori.com/linux/pukiwiki.php   ATTR=NAME:msg CONTENT=
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:http://funaori.com/linux/pukiwiki.php  ATTR=NAME:write
TAB CLOSE

ubuntu/memo

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

Ubu

ntuの設定メモ

phpの文字コード

/etc/php5/apache2/php.iniを編集してEUC-JPを吐くようにする。

  • default_charset = “EUC-JP”
  • mbstring.internal_encoding = EUC-JP
  • mbstring.http_output = EUC-JP

文字コードの変換

$a = mb_convert_encoding($a, "EUC-JP", "auto");

ユーザの文字コード設定

set-language-env

emacsでのUTF-8

.emacsに以下を追加(最後の一行も必要でした.)

(require 'un-define)
(set-language-environment "Japanese")
(set-terminal-coding-system 'utf-8)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8)

pp (setq default-buffer-file-coding-system ‘utf-8)

(prefer-coding-system 'utf-8)

フォントの追加

/usr/share/fonts/truetype/に適当なフォルダを作り.ttfファイルをコピーする. M+ と IPAフォントの合成フォントを追加した.

$ sudo mkdir mplus-ipa
$ cd mplus-ipa
ダウンロードしたフォントの.ttfをフォルダーにコピー
$ cp <some path>/*.ttf .
$ sudo mkfontdir
$ sudo mkfontscale
Xの再起動

perlのCGI

古いperlのCGIが文字化けしてしまったのでその対応

  • HTMLヘッダー出力に以下を追加
    print "Content-type: text/html; charset=EUC-JP\n";
    print "Content-Language: ja\n\n";
  • 出力の文字コードをEUCに変換
    • Encodeのインストール
      # perl -MCPAN -e shell
      cpan> install Encode
    • EUCに変換
      user Encode;
      
      Encode:from_to($var , 'utf8' , 'euc-jp');
      print $var;

Asterisk

こちらを参考
途中でlinux/config.hが見付からないと怒られるので,シンボリックリンクを張って回避する.

# cd /usr/src/linux-headers-xxxx/include/linux
# ln -s autoconf.h config.h

OpenOffice

OpenOfficeに日本語入力

Ubuntu serverをインストールしたためか,OpenOfficeでSCIM+Anthyが立ち上がらない.
openoffice.org-gtkをインストールすることで,SCIM+Anthyが立上り日本語入力ができるようになった。

emacs系の操作へカスタマイズ

「メニュー」-「カスタマイズ」のキーボードタブで該当のキーバインドを変更する。

  • Ctrl+A: ナビゲート -> ドキュメントの始めへ
  • Ctrl+B: ナビゲート -> 左方向
  • Ctrl+F: ナビゲート -> 右方向
  • Ctrl+N: ナビゲート -> 下へ
  • Ctrl+P: ナビゲート -> 上方向

mysql操作メモ

  • ログイン
    $ mysql -u root -p
  • データベース一覧表示
    mysql> show databases;
  • テーブルの一覧表示
    mysql> show tables from mysql;
  • データベースの作成
    mysql> create database dbname;
  • データベースの選択
    mysql> use dbname;
  • ユーザの一覧表示
    mysql> select User,Host from mysql.user;
  • ユーザのパスワード変更
    mysql> SET PASSWORD FOR 'mythtv'@'localhost' = PASSWORD('hogehoge');
  • ユーザーに特定DBの全権限を付与
    mysql> grant ALL on dbname.* to username@localhost
  • ユーザー権限の確認
    $ mysqlaccess -U username -P password username dbname

DBから特定条件にマッチしたレコードを検索する(epgrecの録画予約IDを検索)

$  select * from Recorder_reserveTbl where id = 12790;

DBから特定条件にマッチしたレコードを削除する(epgrecの録画予約から該当IDを削除)

$ delete from Recorder_reserveTbl where id = 12790;

DBから特定条件にマッチしたレコードを更新する。(epgrecのチャンネル設定を更新する)

$ update Recorder_channelTbl set channel="CS2" where channel_disc="1213.ontvjapan.com"
$ update Recorder_programTbl set channel="CS2" where channel_disc="1213.ontvjapan.com"

Canon MP600

cnijfilter-common-2.70-1.src.rpmに含まれていた(Vineの環境で抜き取った)ソースコードをコンパイルできないかとチャレンジ中です.どうやら32bitのバイナリ配布のみのライブラリがあるようで,うまくいっていません・・・
Ubuntu edgy (amd64) で ATOK for Linux を使う方法が参考にできないかな?

  • 必要なパッケージ
    # apt-get install libgtk1.2-dev
  • プリンタドライバ
    $ cd cnijfilter-common-2.70/
    $ cd libs/
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr/local
    $ cd ../cngpij
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr/local/bin --enable-progpath=/usr/loca/bin
    $ cd ../pstocanonij/
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr --enable-progpath=/usr/local/bin
    $ cd ../ppd/
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr
    $ cd ..
    $ make
    $ sudo make install
    $ cd cnijfilter/
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr/local --program-suffix=mp600 --enable-libpath=/usr/lib/bjlib --enable-binpath=/usr/local/bin
    $ make
    $ sudo make install
    $ cd lgmon/
    $ ./autogen.sh --prefix=/usr/local --program-suffix=mp600
    $

cron関係

contabのエディタ変更

export EDITOR=/usr/bin/emacs

/etc/cron.daily/での実行

自作スクリプト(backup.sh)を/etc/cron.daily/パスにコピーしても実行されていない。

  • run-partsの認識をチェック
    $ run-parts --list /etc/cron.daily

    表示される一覧に自作スクリプトはない。
    どうやら”.”を含むファイル名だとrun-partsは認識しないらしいので、ファイル名を変更する。
    再度run-partsに認識をチェックすると含まれている。

kernel再構築

How To Compile A Kernel – The Ubuntu Way

LVM

LVMの設定がコマンドラインで直接呼ぶのではなく,いちどLVMのコンソールに移ってから実行するように変更になったようす.

OS入れ替え時にlvmを復活させる

ディスクをそのまま残している場合は,lvをactiveにすれば使えるはず.

$lvn
lvn> lvscan
 inactive          '/dev/vg01/lvol0' [931.52 GB] inherit
lvm> lvdisplay vg01
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/vg01/lvol0
  VG Name                vg01
  LV UUID                8pbyfm-Gu2p-Ztbe-c07W-kloz-dNo1-YTJWWc
  LV Write Access        read/write
  LV Status              NOT available
  LV Size                931.52 GB
  Current LE             238468
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  • StatusがNOT availableになっているので、availableにする.
    lvm> lvchange -ay vg01
    lvm> lvdisplay 
      --- Logical volume ---
      LV Name                /dev/vg01/lvol0
      VG Name                vg01
      LV UUID                8pbyfm-Gu2p-Ztbe-c07W-kloz-dNo1-YTJWWc
      LV Write Access        read/write
      LV Status              available
      # open                 0
      LV Size                931.52 GB
      Current LE             238468
      Segments               2
      Allocation             inherit
      Read ahead sectors     auto
      - currently set to     256
      Block device           252:0
    lvm> lvscan
      ACTIVE            '/dev/vg01/lvol0' [931.52 GB] inherit
  • マウントする
    $ sudo mount /dev/vg01/lvol0 /mnt/hoge

XFS

  • XFSファイルシステムにラベルを付ける
    # /usr/sbin/xfs_admin -L “miracle2” /dev/sda4

バックアップ

  • mondo rescueでのバックアップ
  • pdumpfsでのバックアップ
    日々のデータのバックアップに使用する.

    • cron.daily
      スクリプト(backup.sh)を作成し/etc/cron.dailyにコピーして毎日実行されると思っていたが,ログをみると実行されていない.
      /etc/crontabによると

      25 6    * * *   root    test -x /usr/sbin/anacron || ( cd / && run-parts --report /etc/cron.daily )

      とrun-partsコマンドでディレクトリ以下のコマンドが実行去れているようす.run-partsでバックアップのコマンドが認識されているか確かめると

      # run-parts --list /etc/cron.daily

      backup.shは含まれていなかった.どうやら”.”が入っていると実行するコマンドとして認識されないそうです.とりあえず名前を変更して対応

awstats

TUTORIAL: AWStats with APACHE2
Planeta Ubuntu Brasil

bingをサーチエンジンに追加

  1. search_engines.pmをバックアップ
    $ cd /usr/share/awstats/lib
    $ sudo cp search_engines.pm search_engines.pm_org
  2. search_engines.pmの@SearchEnginesSearchIDOrder_list1に項目を追加
    'bing\.com',

    ‘msn’,の前の行に追加しました.

  3. %SearchEnginesHashIDに項目を追加
    'bing\.com','bing',

    ‘msn\.’,’msn,’の前の行に追加

  4. %SearchEnginesKnownUrl?に項目を追加
    'bing','q=',

    ‘msn’,’q=’の前の行に追加

  5. %SearchEnginesHashLib?に項目を追加
    'bing','<a href="http://www.bing.com/" title="Search Engine Home Page [new window]" target="_blank">Bing</a>',

    ‘msn’,'<a….の前の行に追加

  6. Saveして更新

XFceのインストール&設定

  • XFceのインストール
    # apt-get install xubuntu-desktop
  • XFceの起動設定
    私はGDMを使用していないので,設定をしないとgnomeが立ち上がってしまいます.

    # update-alternative --config x-session-manager
    にて/usr/bin/xfce4-sessionを選択

emacsのcolor-themeのインストール

  • パッケージのインストール
    # apt-get install emacs-goodies-el emacs-env-ja
  • color-themeのテスト
    emacsを機動してM-x color-theme-selectでメニューを表示し選択して好みのテーマを選ぶ.
  • テーマの設定
    emacsの設定ファイルをコピー

    $ cp /usr/share/doc/emacs-env-ja/dot.emacs.example ~/.emacs

    .emacsを編集して下記を追記する.

    (require 'color-theme)
    (color-theme-calm-forest)
  • テーマの確認
    M-x color-theme-selectでテーマ一覧からプレビューすることができる.
    設定に記入するテーマ名は、M-x color-themeからTabであげられる候補から近いものを類推する.

Rhythmbox

mp3再生

デフォルトではmp3を再生することができない。gstreamer0.10-ffmegをインストールすることでmp3を再生することができ、アルバムジャケットを自動的にダウンロードして表示してくれるようになる。

日本語の歌詞を表示

はっぴーじむなすと@Linuxさんのところでgoo音楽の歌詞検索から取得するプラグインを作成してくださっていました。
ダウンロードしたMildを解凍してインストールする。

$ unzip mild_0.4.zip 
$ cd lyrics
$ sudo ./install.sh

rhythmboxの「編集」-「プラグイン」から「曲の歌詞」の「プラグインの設定」で検索エンジンに「Goo音楽」と「うたまっぷ」のみにチェックを入れる。

atとcronの出力が届かない

通常atとcronの出力はメールで届くはずです。しかし、実効されているはずのメールが届きませんでした。/var/log/mail.logを除いてみると、宛先がhogehoge@root@funaori.comのようになっておりました。補完されるドメインが”root@funaori.com“となっていたのが原因です。

  • 修正前(/etc/mailname)
    root@funaori.com
  • 修正後(/etc/mailname)
    funaori.com

    これで変なアドレスにメールを送ること無く、atとcronの出力をメールで受け取れるようになりました。

NetworkManager?の利用停止

固定IPを使用しているとどうしてもNetworkManager?が/etc/resolve.confを書き換えてしまう。NetworkManager?の利用を止めて手動で設定する。

  • NetworkManager?の無効化
    % sudo service NetworkManager stop
    % sudo update-rc.d -f NetworkManager remove
  • network設定
    /etc/network/interfacesと/etc/resolve.confを手動で設定する。

ubuntu/memo/postgreSQL

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

PostgreSQL関連メモ

PostgreSQLメモ

ユーザの新規作成

$ creageuser user_name

既存ユーザのパスワード変更

postgres=# alter user user_name with password 'password';
postgres=# \q

既存ユーザにデータベースとユーザの作成権限をあたえる

postgres=# alter user user_name CREATEUSER CREATEDB;

テーブルの作成

portfolio=# CREATE table table_name(date timestamp, rate numeric);

テーブルの内容確認

portfolio=# \d table_name

テーブルの内容をエクスポート・インポート

  • エクスポート
    portfolio=> copy aud2jp to '/tmp/aud2jp';
  • インポート
    portfolio=> copy aud2jp from '/tmp/aud2jp';

Apacheからの接続

  • apacheユーザの作成
    $ createuser apache
  • テーブルのアクセス権限をあたえる
    $ psql -n SampleDB
    SampleDB=> grant select on SampleTable to apache;

テーブル削除

SampleDB=> drop table tablename;

データベース削除

$ dropdb db_name

ubuntu/NFS

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

NFSの設定

参考ページ
参考ページ(rsync)

Server側

  • パッケージをインストール
    $ sudo apt-get install nfs-kernel-server nfs-common
  • NFSアクセスのディレクトリ設定
    • /homeディレクトリを参照可能にする.
    • rootのアクセスはrootとして振る舞える様にする.

/etc/exportsの編集,括弧の前にスペースを含まない

/home   192.168.1.2(ro,no_root_squash)
                   ^
  • RPCのアクセスを許可する.
    • 定のPCからのRPCアクセスを全て許可.

/etc/hosts.allowの編集

ALL : 192.168.1.2/255.255.255.255 ← 追加
  • 設定の反映
# exportfs -a
# /etc/init.d/nfs-kernel-server restart

NFS Client側

  • マウント先を作成
# mkdir /mnt/old-home
  • マウント設定

/etc/fstabを編集

192.168.1.1:/home       /mnt/old-home           nfs     user,noauto     0 0
↑この行を追加
  • マウントの実行

ubuntu/HDD完全消去

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

HDDの完全消去

入らなくなったHDDのデータを消去してみました.

  • HDDの接続
    消去するHDDとUSB-CDROMドライブを接続する.
  • ubuntu7.10 jaのCDからbootする
  • HDDの接続を確認する.
    $ sudo su
    # grep hd /var/log/message

    hdaやhdbなど消したいHDDらしいものを検索する.

  • 消去
    # shred -n 4 -z /dev/hda

    これでランダムな書き込みを4回行い,最後に0を書き込んで行く.

ubuntu/TV録画

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

TV録画

UbuntuでのTV録画の設定メモです
使用機器:PLEXTOR PX-TV402U

ドライバの設定(9.04)

kernel 2.6.27になり前バージョンのドライバはビルドで失敗してしまうようになりました。幸いなことに海外モデルを使われている開発者さまがいらっしゃるようで、対応のドライバがありました。go7007.imploder.org

  • インストール
    $wget http://go7007.imploder.org/wp-content/uploads/2009/02/wis-go7007-linux-098-4tar.bz2
    $ mv wis-go7007-linux-098-4tar.bz2 wis-go7007-linux-098-4.tar.bz2
    $ tar jxvf wis-go7007-linux-098-4.tar.bz2
    $ cd wis-go7007-linux-098-4
    $ make
    $ sudo make install

Mythtvのインストール

  • パッケージのインストール
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install mythtv mythtv-themes
    • パスワードの変更
      パッケージのインストール途中でパスワードを変更するなら云々というメッセージがでるので,インストール後の以下のコマンドでパスワードを変更する.

      $ sudo dpkg-reconfigure mythtv-common
    • mysqlの設定変更
      /etc/mysql/my.cnfを編集して,以下のbind-addressの行をコメントアウトする.

      #bind-address           = 127.0.0.1

      mysqlを再起動する.

      # /etc/init.d/mysql restart
  • xmltvの設定
    • xmltvのインストール
      $ sudo apt-get install libtext-kakasi-perl xmltv
    • ビデオソースの設定
      $ tv_grab_jp --configure

      TV局は地域を選択してから,各局の追加の有無を選択する.
      CSは地域でCATV(47)を選択し,4桁に1000と入力しそこから地道にYes/Noを選択していく.

  • mythtvバックエンドの設定
    オモイノホカ日々徒然を参考に設定していく
    ビデオソース設定でうまくDBに接続ができないようなので,DBの権限を再設定する.

    $ mysql -u root -p
    password:<パスワードを入力>
    mysql> grant all on mythconverg.* to mythtv@"localhost" identified by "mythtv";
    mysql> flush privileges;
    mysql> quit

    再度mythtv-setupを実行すると,途中でコンソール画面になりチャンネルの選択画面になる.

    • 番組表を取得する.
      # mythfilldatabase

      すこし時間がかかる.

      # mythfilldatabase --manual --refresh-all --max-days 1

      個別に質問をされるので,チャンネル番号を入力する.

    • 入力とソースの接続
      先ほど設定したビデオソースをTelevisionと関連づける.
  • TV放送とANIMAXの併用
    アナログ入力からはTV放送を,combositeからはCSチューナー出力を入れANIMAXを録画するようします.
    ビデオソースでTV放送用とANIMAX用を別々に作成する.
    入力とソースの接続で,「Television」にTV放送のビデオソースを関連づけ,「combosite」にANIMAXのビデオソースを関連づける.
    しかし,このままだとTV放送は録画できたが,ANIMAXの放送がうまくいかない.

    • ANIMAXを録画したときのlog
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel::GetCurrentChannelNum(0): Failed to find Channel '0'
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel(/dev/video0)::TuneTo(0): Error, failed to find channel.
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4) Error: Failed to set channel to 0. Reverting to kState_None
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4): Changing from RecordingOnly to None
      2007-08-04 00:46:05.345 Canceled recording (Recorder Failed): 0 (724ch) "?  8? 4 00:46:00 2007": channel 2000 on cardid 4, sourceid 2
      2007-08-04 00:46:06.305 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:06.305 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.728 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:07.728 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.755 Reschedule requested for id 31.
      2007-08-04 00:46:07.779 Scheduled 1 items in 0.0 = 0.02 match + 0.01 place
      2007-08-04 00:46:08.407 Error deleting '/home/mythtv/2000_20070804004600.nuv': No such file or directory

      似たようなエラーの回避がmythtv-usersに投稿されていた.参考にして「入力とソースの接続」-「/dev/video0(combosite)」のページの「外部チャンネル変更コマンド」に「/bin/true」と入力する.すると録画がうまくできるようになりました.

  • mythfrontend
    mythfrontendを起動して,録画のプロファイルで画像サイズの設定などを行い,実際に録画予約する.うまくいけばメディアライブラリに録画がたまる.

mythwebのインストール

  • パッケージのインストール
    # apt-get install mythweb
  • 設定
    apacheのdefault rootのパスを変更しているので,シンボリックリンクの作りなおす.

    # cd /htmldir
    # ln -s /usr/share/mythtv/mythweb .

    apacheのユーザも変更してあるので,ファイルの所有者も変更する.

    # chown -R apache:apache /usr/share/mythtv/mythweb
    # chown -R apache:apache /var/cache/mythweb/image_cache

    apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)に下記を追加する.

    <Directory "/htmldir/mythweb">
      Otions         FollowSymLinks
      AllowOverride   All
    </Directory>

    apacheを再起動して,http://127.0.0.1/mythwebにアクセスしてみる.

  • パスワード認証を追加する
    • パスワードファイルを作成する.
      # htpasswd -c /etc/apache2/httpd-passwords USER1
    • パスワードファイルのアクセスを制限する.
      # chmod 640 /etc/apache2/httpd-passwords
      # chown apache:apache /etc/apache2/httpd-passwords
    • apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)を変更する.
       <Directory "/htmldir/mythweb">
         Options         Indexes FollowSymLinks
         AuthType Basic
         AuthName "MythTV"
         AuthUserFile /etc/apache2/httpd-passwords
         require user USER1
         Order allow,deny
         AllowOverride   All
      </Directory>

      apacheを再起動してmythwebのページにアクセスするとユーザ名とパスワードを問われる.

mythwebがモバイル用から戻らない

一度Advanced W-ZERO3からMythwebにアクセスをしたところ,以降PCでもmythwebの画面がモバイル用になって戻らなくなってしまった.mysqlのdbにユーザー毎のセッション情報が保存されてしまうためリセットが必要らしい.

$ mysql -u root -p
> use mythconverg;
> delete from mythweb_sessions;

これでリセットされて通常のレイアウトに戻る.
モバイルからもアクセスをする場合には異なるユーザー名を使うことが推奨されているみたい.

wizdのインストール

いろいろと派生があるようですが,サムネイル表示を使ってみたかったのでwizd 0.12gt3をいれてみることにしました.
Kosuke’s Secret room

  • 必要ライブラリのインストール
    # apt-get install libjpeg62-dev
  • インストール
    • wizdサーバを再コンパイル
      $ tar jxvf wizd-012gt3.tar.gz
      $ cd wizd_012gt3
      $ make clean
      $ make
    • wizdのバイナリをコピー(私は/usr/local/share/wizd/にしました.)
      $ sudo cp wizd /usr/local/share/wizd/
  • 設定
    document_rootとthumbnail_rootを決めて,wizd.confを設定しました.そのほかskinと番組名表示用のスクリプトも同じくdocument_rootとthumbnail_rootを合わせて設定しました.

    • skinの設定
      スキンはbw_wizd_006を使うことにしました.
    • 番組名の表示
      オモイノホカ日々徒然のnuvlinksスクリプトを使い,番組名のリンクを作成する.
      wizdからこのスクリプトの呼出が可能なようですが,名前がpage_gen.cgiとなっているので,名前を変更して/usr/local/binに保存し,シンボリックリンクをwizdのdocument_root/cgi-bin/に作成しました.

nuvからaviへの変換

最終的に録画した番組を,少し古いですが長瀬産業 DVX-500で見れるようにしたいです.しかし,試してみるとMPEG4でハードエンコードしたnuvファイル(のシンボリックリンク)の動画は再生されませんでした.
いろいろと調べてみるとnuvはMPEG1/2のストリームと互換があるようだが,MPEG4だとaviファイルにする必要があるらしいです.
試しにwis-go7007のドライバに付属のgorecordで録画した映像をwizd経由でDVX-500に読ませてみたら,ちゃんと再生・早送りなどができたので,音声・映像のコーデックは対応しているがファイルのヘッダーやインデックス情報がたりないのだと思います.

  • avidemux
    映像の編集ソフトです.これで読み込み・保存をしてもnuvからaviへの変換ができるとの情報がありましたので,試してみました.保存まえに”rebuild-index”を実行して保存したaviをDVX-500で読み込むと,映像・音声の再生と早送りなどもすることができました.
  • rebuild-indexのスクリプト化
    avidemuxは2.4.0からコマンドライン版も用意されています.コマンドライン版を使い自動的に実行されるようにスクリプトを作成しました.

    • nuv2avi_rebuilindex.sh
      #!/bin/bash
      CMD_AVIDEMUX="/usr/bin/avidemux2_cli"
      
      if [ -e "$*" ]; then
          INPUT_FILE="$*"
          TMP_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_tmp.nuv"
          OUTPUT_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_new.nuv" 
      
          $CMD_AVIDEMUX --autoindex --load $INPUT_FILE --rebuild-index --save $OUTPUT_FILE --quit
          if [ $? = 0 ]; then
              /bin/mv -f $OUTPUT_FILE $INPUT_FILE
              IDX_FILE=$INPUT_FILE".idx"
              if [ -e $IDX_FILE ]; then
                  /bin/rm -f $IDX_FILE
              fi
          fi
      fi

こちらのスクリプトを/usr/local/binに保存して,mythtv-setupでユーザージョブに「/usr/local/bin/nuv2avi_rebuildindex.sh “%DIR%/%FILE%”」と加えて,mythfrontendの設定でユーザージョブを有効にしました.録画実行後に自動的にnuvからaviに変換がされ,さらに番組名のシンボリックリンクも作成されるので,録画後すぐにDVX-500でみることができるようになりました.

ubuntu/TV録画/OldSettings

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

TV録画の古い設定

Mythtvのインストール

  • パッケージのインストール
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install mythtv mythtv-themes
    • パスワードの変更
      パッケージのインストール途中でパスワードを変更するなら云々というメッセージがでるので,インストール後の以下のコマンドでパスワードを変更する.

      $ sudo dpkg-reconfigure mythtv-common
    • mysqlの設定変更
      /etc/mysql/my.cnfを編集して,以下のbind-addressの行をコメントアウトする.

      #bind-address           = 127.0.0.1

      mysqlを再起動する.

      # /etc/init.d/mysql restart
  • xmltvの設定
    • xmltvのインストール
      $ sudo apt-get install libtext-kakasi-perl xmltv
    • ビデオソースの設定
      $ tv_grab_jp --configure

      TV局は地域を選択してから,各局の追加の有無を選択する.
      CSは地域でCATV(47)を選択し,4桁に1000と入力しそこから地道にYes/Noを選択していく.

  • mythtvバックエンドの設定
    オモイノホカ日々徒然を参考に設定していく
    ビデオソース設定でうまくDBに接続ができないようなので,DBの権限を再設定する.

    $ mysql -u root -p
    password:<パスワードを入力>
    mysql> grant all on mythconverg.* to mythtv@"localhost" identified by "mythtv";
    mysql> flush privileges;
    mysql> quit

    再度mythtv-setupを実行すると,途中でコンソール画面になりチャンネルの選択画面になる.

    • 番組表を取得する.
      # mythfilldatabase

      すこし時間がかかる.

      # mythfilldatabase --manual --refresh-all --max-days 1

      個別に質問をされるので,チャンネル番号を入力する.

    • 入力とソースの接続
      先ほど設定したビデオソースをTelevisionと関連づける.
  • TV放送とANIMAXの併用
    アナログ入力からはTV放送を,combositeからはCSチューナー出力を入れANIMAXを録画するようします.
    ビデオソースでTV放送用とANIMAX用を別々に作成する.
    入力とソースの接続で,「Television」にTV放送のビデオソースを関連づけ,「combosite」にANIMAXのビデオソースを関連づける.
    しかし,このままだとTV放送は録画できたが,ANIMAXの放送がうまくいかない.

    • ANIMAXを録画したときのlog
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel::GetCurrentChannelNum(0): Failed to find Channel '0'
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel(/dev/video0)::TuneTo(0): Error, failed to find channel.
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4) Error: Failed to set channel to 0. Reverting to kState_None
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4): Changing from RecordingOnly to None
      2007-08-04 00:46:05.345 Canceled recording (Recorder Failed): 0 (724ch) "?  8? 4 00:46:00 2007": channel 2000 on cardid 4, sourceid 2
      2007-08-04 00:46:06.305 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:06.305 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.728 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:07.728 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.755 Reschedule requested for id 31.
      2007-08-04 00:46:07.779 Scheduled 1 items in 0.0 = 0.02 match + 0.01 place
      2007-08-04 00:46:08.407 Error deleting '/home/mythtv/2000_20070804004600.nuv': No such file or directory

      似たようなエラーの回避がmythtv-usersに投稿されていた.参考にして「入力とソースの接続」-「/dev/video0(combosite)」のページの「外部チャンネル変更コマンド」に「/bin/true」と入力する.すると録画がうまくできるようになりました.

  • mythfrontend
    mythfrontendを起動して,録画のプロファイルで画像サイズの設定などを行い,実際に録画予約する.うまくいけばメディアライブラリに録画がたまる.

mythwebのインストール

  • パッケージのインストール
    # apt-get install mythweb
  • 設定
    apacheのdefault rootのパスを変更しているので,シンボリックリンクの作りなおす.

    # cd /htmldir
    # ln -s /usr/share/mythtv/mythweb .

    apacheのユーザも変更してあるので,ファイルの所有者も変更する.

    # chown -R apache:apache /usr/share/mythtv/mythweb
    # chown -R apache:apache /var/cache/mythweb/image_cache

    apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)に下記を追加する.

    <Directory "/htmldir/mythweb">
      Otions         FollowSymLinks
      AllowOverride   All
    </Directory>

    apacheを再起動して,http://127.0.0.1/mythwebにアクセスしてみる.

  • パスワード認証を追加する
    • パスワードファイルを作成する.
      # htpasswd -c /etc/apache2/httpd-passwords USER1
    • パスワードファイルのアクセスを制限する.
      # chmod 640 /etc/apache2/httpd-passwords
      # chown apache:apache /etc/apache2/httpd-passwords
    • apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)を変更する.
       <Directory "/htmldir/mythweb">
         Options         Indexes FollowSymLinks
         AuthType Basic
         AuthName "MythTV"
         AuthUserFile /etc/apache2/httpd-passwords
         require user USER1
         Order allow,deny
         AllowOverride   All
      </Directory>

      apacheを再起動してmythwebのページにアクセスするとユーザ名とパスワードを問われる.

mythwebがモバイル用から戻らない

一度Advanced W-ZERO3からMythwebにアクセスをしたところ,以降PCでもmythwebの画面がモバイル用になって戻らなくなってしまった.mysqlのdbにユーザー毎のセッション情報が保存されてしまうためリセットが必要らしい.

$ mysql -u root -p
> use mythconverg;
> delete from mythweb_sessions;

これでリセットされて通常のレイアウトに戻る.
モバイルからもアクセスをする場合には異なるユーザー名を使うことが推奨されているみたい.

nuvからaviへの変換

最終的に録画した番組を,少し古いですが長瀬産業 DVX-500で見れるようにしたいです.しかし,試してみるとMPEG4でハードエンコードしたnuvファイル(のシンボリックリンク)の動画は再生されませんでした.
いろいろと調べてみるとnuvはMPEG1/2のストリームと互換があるようだが,MPEG4だとaviファイルにする必要があるらしいです.
試しにwis-go7007のドライバに付属のgorecordで録画した映像をwizd経由でDVX-500に読ませてみたら,ちゃんと再生・早送りなどができたので,音声・映像のコーデックは対応しているがファイルのヘッダーやインデックス情報がたりないのだと思います.

  • avidemux
    映像の編集ソフトです.これで読み込み・保存をしてもnuvからaviへの変換ができるとの情報がありましたので,試してみました.保存まえに”rebuild-index”を実行して保存したaviをDVX-500で読み込むと,映像・音声の再生と早送りなどもすることができました.
  • rebuild-indexのスクリプト化
    avidemuxは2.4.0からコマンドライン版も用意されています.コマンドライン版を使い自動的に実行されるようにスクリプトを作成しました.

    • nuv2avi_rebuilindex.sh
      #!/bin/bash
      CMD_AVIDEMUX="/usr/bin/avidemux2_cli"
      
      if [ -e "$*" ]; then
          INPUT_FILE="$*"
          TMP_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_tmp.nuv"
          OUTPUT_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_new.nuv" 
      
          $CMD_AVIDEMUX --autoindex --load $INPUT_FILE --rebuild-index --save $OUTPUT_FILE --quit
          if [ $? = 0 ]; then
              /bin/mv -f $OUTPUT_FILE $INPUT_FILE
              IDX_FILE=$INPUT_FILE".idx"
              if [ -e $IDX_FILE ]; then
                  /bin/rm -f $IDX_FILE
              fi
          fi
      fi

こちらのスクリプトを/usr/local/binに保存して,mythtv-setupでユーザージョブに「/usr/local/bin/nuv2avi_rebuildindex.sh “%DIR%/%FILE%”」と加えて,mythfrontendの設定でユーザージョブを有効にしました.録画実行後に自動的にnuvからaviに変換がされ,さらに番組名のシンボリックリンクも作成されるので,録画後すぐにDVX-500でみることができるようになりました.

ドライバの設定(kernel 2.6.24)

kernel 2.6.24用にドライバば更新されていました.ただしubuntu 8.04では素直にはインストールできないようです.

  • kernel headerのインストール
    $ sudo apt-get linux-headers-lum-2.6.24-21-generic linux-headers-2.6.24-21-generic
  • サウンドのkernelヘッダーを除外
    $ sudo /usr/src/linux-headers-2.6.24-21-generic/include/sound /usr/src/linux-headers-2.6.24-21-generic/include/sound-blacklisted
  • WIS Go7007のインストール
    • 開発環境がインストールされていない場合の事前準備
      $ sudo apt-get install build-essential
      $ sudo apt-get install libncurses5-dev
    • ダウンロードと展開
      $ wget http://nikosapi.org/software/WIS_Go7007/wis-go7007-linux-0.9.8-2.tar.bz2
      $ tar xjf wis-go7007-linux-0.9.8-2.tar.bz2
      $ cd wis-go7007-linux-0.9.8-2
    • kernel/Makefileに下記の一行を追加
      EXTRA_CFLAGS += -I /usr/src/linux-headers-lum-2.6.24-19-generic -include sound/config.h
    • apps/gorecord.cのL213を編集
      • 編集前
        if (!strcmp(gopath, canonpath))
      • 編集後
        if (!strncmp(gopath, canonpath, strlen(gopath))
    • ビルドの実行
      $ make
      $ sudo make install
  • usbfxのマウント設定
    $ cd wis-go7007-linux-0.9.8-1
    $ wd=`pwd`; sudo patch -d /etc/init.d -p0 -i "$wd"/patches/mountdevsubfs.sh-usbfs.patch
    $ sudo /etc/init.d/mountdevsubfs.sh start

ドライバの設定(8.04)

kernelを2.6.22-14にしたところ前のやり方ではコンパイルできないようでした.しらべるとドライバもバージョンアップされており,簡単にコンパイルできるようになっていました.

  • インストール
    $ wget http://nikosapi.org/software/WIS_Go7007/wis-go7007-linux-0.9.8-1.tar.bz2
    $ tar xjf wis-go7007-linux-0.9.8-1.tar.bz2
    $ cd wis-go7007-linux-0.9.8-1
    $ make
    $ sudo make install
  • usbfxのマウント設定
    $ cd wis-go7007-linux-0.9.8-1
    $ wd=`pwd`; sudo patch -d /etc/init.d -p0 -i "$wd"/patches/mountdevsubfs.sh-usbfs.patch
    $ sudo /etc/init.d/mountdevsubfs.sh start

ドライバの設定(7.04)

  • インストール
    $ wget http://oss.wischip.com/wis-go7007-linux-0.9.8.tar.bz2
    $ tar xjf wis-go7007-linux-0.9.8.tar.bz2
    $ cd wis-go7007-linux-0.9.8
    $ make

    AUDC_SET_INPUTの宣言が無いとかでコンパイルできない.Ubuntuのフォーラムにパッチの在処などが書いてあるのでパッチを当ててコンパイルをする.

    $ wget http://files.zoeloelip.be/wis-go-0.9.8-2.6.17.patch
    $ patch -p1 <  wis-go-0.9.8-2.6.17.patch
    $ make

    しかし今度は_IOWが宣言されていないとかでエラーがでる.

    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c: In function wis_saa7115_command’:
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:206: 警告: implicit declaration of function ‘_IOW’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:206: error: expected expression before ‘int’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:206: error: case ラベルを整数定数に還元できません
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:215: error: expected expression before ‘struct’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:215: error: case ラベルを整数定数に還元できません
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:264: error: expected expression before ‘int’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:264: error: case ラベルを整数定数に還元できません
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:284: 警告: implicit declaration of function ‘_IOWR’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:284: error: expected expression before ‘struct’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:284: error: case ラベルを整数定数に還元できません
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:328: error: expected expression before ‘struct’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:328: error: case ラベルを整数定数に還元できません
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:372: error: expected expression before ‘struct’
    /wis-go7007-linux-0.9.8/kernel/wis-saa7115.c:372: error: case ラベルを整数定数に還元できません

    kernel/以下のフォルダのいくつかのファイルにヘッダーファイルの参照を追加する.

    • wis-saa7113.c,wis-tw2804.c,wis-tw9903.c
      <修正前>
      #include <linux/video_decoder.h>
      
      <修正後>
      #include <linux/types.h>
      #include <linux/ioctl.h>
      #include <linux/video_decoder.h>
    • wis-saa7115.c
      <修正前>
      #include <linux/video_decoder.h>
      
      <修正後>
      #include <linux/ioctl.h>
      #include <linux/video_decoder.h>

      再度コンパイル&インストール

      $ make
      $ sudo make install USE_UDEV=y

      付属のアプリケーションで動作テスト

      $ ./apps/gorecord -duration 60 capture.avi

      しかし,モジュールがないとエラーになってしまう.

      Unable to read /sys/bus/usb/drivers/go7007: No such file or directory
      Is the go7007-usb kernel module loaded?

      lsmodなどでみると該当しそうなモジュールはない.マニュアルでモジュールを読み込んでみる.

      #  modprobe go7007-usb
      WARNING: Error inserting snd_go7007 (/lib/modules/2.6.20-15-generic/extra/snd-go7007.ko): Unknown symbol in module, or unknown parameter (see dmesg)
      WARNING: Error inserting go7007 (/lib/modules/2.6.20-15-generic/extra/go7007.ko): Unknown symbol in module, or unknown parameter (see dmesg)
      FATAL: Error inserting go7007_usb (/lib/modules/2.6.20-15-generic/extra/go7007-usb.ko): Unknown symbol in module, or unknown parameter (see dmesg)

      読み込みに失敗する.メッセージどおりdmesgを見てみると

      [  246.655656] snd_go7007: Unknown symbol snd_card_free_in_thread
      [  246.688140] Linux video capture interface: v2.00
      [  246.706942] go7007: Unknown symbol go7007_snd_remove
      [  246.707098] go7007: Unknown symbol go7007_snd_init
      [  246.718990] go7007_usb: Unknown symbol go7007_read_addr
      [  246.719104] go7007_usb: Unknown symbol go7007_remove
      [  246.719290] go7007_usb: Unknown symbol go7007_boot_encoder
      [  246.719399] go7007_usb: Unknown symbol go7007_parse_video_stream
      [  246.719592] go7007_usb: Unknown symbol go7007_register_encoder
      [  246.719644] go7007_usb: Unknown symbol go7007_alloc
      [  246.719698] go7007_usb: Unknown symbol go7007_read_interrupt

      よくわからないが検索で引っかかったpatchを当ててみる.

      $ patch -p1 < wis-go7007-0.9.8-kernel-2.6.17.diff
       Reversed (or previously applied) patch detected!  Assume -R? [n] 
       などと聞かれるがとりあえずリターン
      $ make clean
      $ make
      $ sudo make install USE_UDEV=y
      # modprobe go7007-usb

      とりあえずエラーはでない.

      $ ./apps/gorecord -duration 60 capture.avi

      AV端子からの入力の録画が開始される.

nuvからaviへの変換

最終的に録画した番組を,少し古いですが長瀬産業 DVX-500で見れるようにしたいです.しかし,試してみるとMPEG4でハードエンコードしたnuvファイル(のシンボリックリンク)の動画は再生されませんでした.
いろいろと調べてみるとnuvはMPEG1/2のストリームと互換があるようだが,MPEG4だとaviファイルにする必要があるらしいです.
試しにwis-go7007のドライバに付属のgorecordで録画した映像をwizd経由でDVX-500に読ませてみたら,ちゃんと再生・早送りなどができたので,音声・映像のコーデックは対応しているがファイルのヘッダーやインデックス情報がたりないのだと思います.

  • nuv2avi
    Windowsでの再生のためにaviファイルフォーマットに変更するプログラムです.映像・音声の再エンコードをしないので,私の目的に近いです.
    こちらでnuvからaviに変換したものをDVX-500で読ませてみましたが,音声は再生されるが映像はまったく表示されませんでした.
    最近はあまりメンテナンスされていないようで,GCCのバージョンを3.3に指定してコンパイルしなくてはいけなかったりしましたので,コンパイルに失敗しているのかもしれません.
  • mencoder
    mplayerに付属のエンコーダーで”-oac copy -ovc copy”のオプションをつけると,映像・音声の再エンコードをすることなくaviフォーマットに変換されるとのことで試してみました.映像・音声ともにDVX-500で再生されるのですが,早送りなどをすることができませんでした.
  • avidemux
    映像の編集ソフトです.これで読み込み・保存をしてもnuvからaviへの変換ができるとの情報がありましたので,試してみました.保存まえに”rebuild-index”を実行して保存したaviをDVX-500で読み込むと,映像・音声の再生と早送りなどもすることができましたが,しかし再生をしていると段々と音声と映像がずれてきてしまいます.
  • mencoder&avidemux
    mencoderとavidemuxの良いところが合わさればと思い,mencoderで変換後に再度avidemuxで変換をさせたところ,映像・音声の再生,早送りなどのトリックプレイを正常に行うことができ,音声のズレも発生しなくなりました.
    avidemuxはGUIソフトなのですが,2.4(まだpreview版のようですが)からはコマンドライン用のプログラムも含まれるようになっていましたので,自動化できるようにスクリプトを作成しました.avidemux2.4preview2のコンパイルはavidemux wiki pageを参考にしました.

    • nuv2avi_rebuilindex.sh
      #!/bin/bash
      CMD_MENCODER="/usr/bin/mencoder"
      CMD_AVIDEMUX="/usr/local/bin/avidemux2_cli"
      
      OPT_MENCODER="-oac copy -ovc copy -forceidx -noskip"
      
      if [ -e "$*" ]; then
         INPUT_FILE="$*"
         TMP_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_tmp.nuv"
         OUTPUT_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_new.nuv"
      
         $CMD_MENCODER $OPT_MENCODER $INPUT_FILE -o $TMP_FILE
         if [ $? = 0 ]; then
             $CMD_AVIDEMUX --load $TMP_FILE --rebuild-index --save $OUTPUT_FILE
             if [ $? = 0 ]; then
                 /bin/mv -f $OUTPUT_FILE $INPUT_FILE
                 /bin/rm -f $TMP_FILE
                 
                 /usr/local/bin/page_gen.cgi
             fi
         fi
      fi

      こちらのスクリプトを/usr/local/binに保存して,mythtv-setupでユーザージョブに「/usr/local/bin/nuv2avi_rebuildindex.sh “%DIR%/%FILE%”」と加えて,mythfrontendの設定でユーザージョブを有効にしました.録画実行後に自動的にnuvからaviに変換がされ,さらに番組名のシンボリックリンクも作成されるので,録画後すぐにDVX-500でみることができるようになりました.

ubuntu/USBメモリ(C801)

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

USB

メモリの認識

A-DATA USBメモリ C801 16GBがとても安かったので購入をした.
購入のままではUbuntuに挿しても認識しなかったので,設定のメモです.

購入時のログメッセージ

購入ままでUSBポートに挿したときの/var/log/message内容です.

kernel: [200661.267009] usb 1-5: new high speed USB device using ehci_hcd and address 7
kernel: [200661.748336] usb 1-5: configuration #1 chosen from 1 choice
kernel: [200661.748554] scsi9 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
kernel: [200666.741046] scsi 9:0:0:0: Direct-Access     USB 2.0  USB Flash Drive  0.00 PQ: 0 ANSI: 2
kernel: [200666.742990] sd 9:0:0:0: [sdd] 31588352 512-byte hardware sectors (16173 MB)
kernel: [200666.743649] sd 9:0:0:0: [sdd] Write Protect is off
kernel: [200666.745770] sd 9:0:0:0: [sdd] 31588352 512-byte hardware sectors (16173 MB)
kernel: [200666.746393] sd 9:0:0:0: [sdd] Write Protect is off
kernel: [200666.746407]  sdd: sdd1
kernel: [200666.950823] sd 9:0:0:0: [sdd] Attached SCSI removable disk
kernel: [200666.950881] sd 9:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0
kernel: [200777.761556] VFS: Can't find a valid FAT filesystem on dev sdd.
kernel: [200787.717581] FAT: Did not find valid FSINFO signature.

とりあえずこのままでもマウントをすることは可能でした.

$ sudo mount -t vfat /dev/sdd1 /media/disk

フォーマット

ログの内容からFAT関連でおかしいようなので,フォーマットしてみる.

  • マウントを解除する
    $ sudo umount /media/disk
  • デバイスをフォーマット
    $ sudo mkfs.vfat /dev/sdd1

    USBメモリを抜き挿ししてみると,今度は自動的に認識をするようになった.

    kernel: [201843.129693] usb 1-5: USB disconnect, address 7
    kernel: [201846.076412] usb 1-5: new high speed USB device using ehci_hcd and address 8
    kernel: [201846.555679] usb 1-5: configuration #1 chosen from 1 choice
    kernel: [201846.555907] scsi10 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
    kernel: [201851.549762] scsi 10:0:0:0: Direct-Access     USB 2.0  USB Flash Drive  0.00 PQ: 0 ANSI: 2
    kernel: [201851.551240] sd 10:0:0:0: [sdd] 31588352 512-byte hardware sectors (16173 MB)
    kernel: [201851.551865] sd 10:0:0:0: [sdd] Write Protect is off
    kernel: [201851.554110] sd 10:0:0:0: [sdd] 31588352 512-byte hardware sectors (16173 MB)
    kernel: [201851.554733] sd 10:0:0:0: [sdd] Write Protect is off
    kernel: [201851.554748]  sdd: sdd1
    kernel: [201851.669540] sd 10:0:0:0: [sdd] Attached SCSI removable disk
    kernel: [201851.669599] sd 10:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0

ubuntu/マルチモニタ

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

マルチモニタ設定

IO-DATA LCD-AD221XBを購入しました.ubuntuで使えるようにするとともに,古いモニタのEIZO FlexScan L465とマルチモニタ環境をつくりました.

LCD-AD221XBの設定

1680×1050のディスプレイが Ubuntu Linux から使えるようになった
上記サイトを参考にして/etc/X11/xorg.confのモニタの項目を変更しました.(そのままです.)

Section "Monitor"
    # <= Image Size:  474 x 296 mm
   Identifier     "LCD-AD221X"
   DisplaySize     474    296
   HorizSync       20.0 - 83.0
   VertRefresh     50.0 - 75.0
   ModeLine       "1680x1050" 150.0 1680 1784 1960 2240 1050 1053 1059 1089
   Option         "DPMS"
 # #2: hsize: 1680  vsize 1050
 # PixClock max 150 MHz
 # h_active: 1680  h_sync: 1784  h_sync_end 1960 h_blank_end 2240
 # v_active: 1050  v_sync: 1053  v_sync_end 1059 v_blanking: 1089
EndSection

こちらに変更してXを再起動すると問題無くLCD-AD221XBにちゃんとした解像度で表示されるようになりました.
私のグラフィックカードはGeForce?でしたので915resolutionなどの設定変更は入らなかったです.

マルチモニタ

以前に設定していたEIZO FlexScan L465の設定を/etc/X11/xorg.confに追加します.

Section "Monitor"
   Identifier     "Generic Monitor"
   ModeLine       "1280x1024" 108.0 1280 1352 1464 1680 1024 1025 1028 1066 +hsync +vsync
   Option         "DPMS"
#	HorizSync	28-64
#	VertRefresh	43-60
EndSection

マルチモニタ nvidiaドライバ用
上記サイトを参考にしてマルチモニタの設定をnvidia-settings経由で行う.
rootでnvidia-settingsを起動して後はWindowsの様にGUIで設定をしました.

ubuntu/asterisk

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

Asteriskのインストール

7.10からAsteriskのバージョンも1.4系にバージョンアップされたようです.
パッケージをインストールしただけでは起動しないようですので,設定のメモです.

zaptelの設定

zaptelのパッケージをインストール

# apt-get install zaptel zaptel-source
# ls /usr/src
modules  zaptel.tar.bz2

ドライバビルドのシステム設定

# module-assistant prepare

zaptelドライバのビルド

# m-a -t build zaptel

ドライバパッケージの確認とインストール

# ls /usr/src
zaptel-modules-2.6.22-14-generic_1.4.3~dfsg-2ubuntu1+2.6.22-14.52_amd64.deb
# dpkg -i /usr/src/zaptel-modules-2.6.22-14-generic_1.4.3~dfsg-2ubuntu1+2.6.22-14.52_amd64.deb

ドライバーの読み込み

ドライバ依存関係の更新

# depmod -a

ドライバの読み込み

# modprobe zaptel
# modeprobe wcfxo