CentOS/K9Copyのインストール

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

k9cop

yのインストール

k3bというLinux用のCD/DVDライティングソフトからたどり,k9copyというLinux用のDVDコピーツールを見つけました.片面2層を1層分の容量にあわせて調整することができ,かつメニュー・音声・字幕もそのままに保てるとの事でした.

開発環境の準備

KDEやQtなどのバージョンが足りないので,kde-redhatからパッケージをインストールする.
私の環境(x86_64)ではバイナリのパッケージはうまくインストールできなかったので,src.rpmをダウンロードして再コンパイルしてインストールすることにしました.

yumでのsrc.rpmのダウンロード

kde-redhatではwebにsrc.rpmをつるしていないようなので,yumdownloderを使いダウンロードする.

  • yum-utilsをインストールする
    # yum install yum-install
  • repositoryにkde-redhatを追加する.
    kde-redhatRedHat? Enterprise用のkde.repoをダウンロードして/etc/yum.repos.d/kde-redhat.repoとして保存する.

    • PGP公開鍵のインストール
      # rpm --import http://kde-redhat.sourceforge.net/gpg-pubkey-ff6382fa-3e1ab2ca
  • yumdonloaderで関連するパッケージのsrc.rpmをダウンロードする.
    $ yumdownloader --source kdelibs
    $ yumdownloader --source kde-i18n-Japanese
    $ yumdownloader --source qt
    $ yumdownloader --source OpenEXR
    $ yumdownloader --source arts
    $ yumdownloader --source jasper
    $ yumdownloader --source kde-config
    $ yumdownloader --source kde-filesystem
  • src.rpmのリビルド・インストール
    順番は忘れましたが,順次リビルドをしてからインストールをする.

    $ rpmbuild --rebuild name.src.rpm
    # rpm -Uhv ~/rpm/RPMS/<dir>/name.rpm
    • 二重にインストールされている場合
      私の環境では何故かkdelibsなどは同じバージョンのパッケージが2つ登録されており,インストールもアップグレードもそのままではできませんでした.無理矢理アップグレードをしてなんとかそれらしくしました.

      # rpm -qa | grep kdelibs
       kdelibs-<old>
       kdelibs-<old>
      # rpm -Uhv --force kdelibs-<new>.rpm
      # rpm -qa | grep kdelibs 
       kdelibs-<new>
       kdelibs-<old>
      # rpm -e kdelibs-<old>
      # rpm -Uhv --replacepkgs kdelibs-<new>.rpm
       kdelibs-<new>
  • その他のインストール [#k2448738]
    上記をリビルドするのにいくつか必要な開発環境がありましたが,CentOSのレポジトリからyumでインストール可能でした.以下は私の環境で追加したパッケージです.

    fltk-devel
    freeglut-devel
    nas-devel
    lua
    xdg-utils

k9copyのコンパイル

configureでKDEのライブラリが足りないと怒られる.configureスクリプトとconfig.logを良く観てみると,KDEのライブラリのPATHに64ビットによるPATHの変化への対応が含まれていない.configureを編集して対応する.

  • 編集前(L29115)
    kde_incdirs="/usr/lib/kde/include /usr/local/kde/include /usr/local/include /usr/kde/include /usr/include/kde /usr/include /opt/kde3/include /opt/kde/include $x_includes $qt_includes"
  • 編集後
    kde_incdirs="/usr/lib${libsuff} /usr/lib/kde/include /usr/local/kde/include /usr/local/include /usr/kde/include /usr/include/kde /usr/include /opt/kde3/include /opt/kde/include $x_includes $qt_includes"

後はお決まりの通りにコンパイルしてインストールする.

$ ./configure
$ make
# make install

DVDのリッピング

DVDからHDDに圧縮などせずにそのままコピーするツールもついでにインストールする.今まではdvdbackupを使っていましたが,CentOSではコンパイルに失敗するのでこちらを使う事にしました.
vobcopy

CentOS/Anthy+SCIMの設定

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

Anthy+SCIMの設定

参考ページ
基本的な内容は参考ページと同じです.しかし,x86_64のためかそのままインストールしたのでは動作が安定しなかったので,SRPMをダウンロードして再ビルドすることにしました.

パッケージのダウンロード

  • centos.karan.orgから以下のパッケージをダウンロードします.
    scim-1.4.4-1.el4.kb.src.rpm
    scim-anthy-0.9.0-1.el4.kb.src.rpm
    anthy-7100b-1.el4.kb.src.rpm
    kasumi-1.0-1.el4.kb.src.rpm
  • リビルドしてインストール
    それぞれのパッケージ毎にrpmbuildコマンドでリビルドを実行し,できあがったrpmをインストールする.

    $ rpmbuild --rebuild <パッケージ名>.src.rpm
    $ cd ~/rpm/RPMS/x86_64/
    $ su
    # rpm -ihv <パッケージ名>.rpm
  • scim-anthyはうまくいかないところがありましたので少し修正を加えます.
    $ rpm -ihv scim-anthy-0.9.0-1.el4.kb.src.rpm
    $ cd ~/rpm/SPEC

    scim-anthy.specの%install部分を編集

    <編集前>
    rm $RPM_BUILD_ROOT%{_libdir}/scim-1.0/{IMEngine,SetupUI}/*.la
    <編集後>
    rm $RPM_BUILD_ROOT%{_libdir}/scim-1.0/1.4.0/{IMEngine,SetupUI}/*.la

    リビルドを実行してインストールする.

    $ rpmbuild -ba scim-anthy.spec
    $ cd ~/rpm/RPMS/x86_64/
    $ su
    # rpm -ihv scim-anthy-xxx.rpm
  • 「system-switch-im」が起動しなくなるので修正する。
    # cd /etc/X11/xinit/xinput.d
    # mv bn_IN bn_IN.bak
    # mv gu_IN gu_IN.bak
    # mv kn_IN kn_IN.bak
    # mv ml_IN ml_IN.bak
    # mv pa_IN pa_IN.bak
  • IMの変更
    # system-switch-im

CentOS/fontの追加

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

フォントの追加

M+ と IPAフォントの合成フォントが読みやすくてかつフリーとのことでしたので,追加してみました.
/usr/share/fonts/ja/TrueType/にフォントのファイルを保存して,mkfontdirとmkfontscaleのコマンドを実行するだけでした.

$ wget http://prdownloads.sourceforge.jp/mix-mplus-ipa/20216/mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520.tar.bz2
$ tar -jxvf mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520.tar.bz2
# cp M+_IPA]cd mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520/opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAFonts_and_Mplus/fonts/*.ttf       /usr/share/fonts/ja/TrueType/
# cd /usr/share/fonts/ja/TrueType/
# mkfontdir
# mkfontscale

CentOS/Xara Xtreme for Linuxのインストール

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

ドローソフト

最近ではLinuxのフリーのドローソフトがいくつかありますが,最近知ることになり,また商用ソフトをベースにしているとのことですのでXara Xtream for Linuxをインストールみる事にしました.
バイナリ版も存在しますが,気分的にソースからコンパイルをすることにしました.
参考 Xara

コンパイル環境の準備

CentOSでは以下の環境が足りませんでした.

  • libpng (v1.2.8) (Fedora 4用を使用)
  • gettext (v0.14.3 or greater)(Fedora 4用を使用)
  • wxWidgets 2.6.3 (Fedora extra 4用を使用)
    それぞれのsrc.rpmをダウンロードし,リビルド・インストールをしました.

    $ rpmbuild --rebuild <ソフト名>.src.rpm
    $ cd ~/rpm/RPMS/x86_64/
    # rpm -ihv <ソフト名>.rpm

本体のインストール

ダウンロードページからソースコードをダウンロードして解凍をする.コンパイルはマニュアルの通りに実行する.

$ tar jxvf  XaraLX-0.7r1764.tar.bz2
$ cd XaraLX-0.7r1764/
$ autoreconf -f -i -s
$ make 
$ su
# make install

CentOS/Canon MP600の印刷

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

Canon MP600の印刷設定

キヤノンのプリンタ・スキャナの複合機を購入しました.

残念ながら今現在(2006/10/18)ではCanonから正式なLinuxドライバはリリースされていません.機器の性能を100%引き出せないでしょうが,古いキヤノンのプリンタドライバで一応は印刷できるようです.

gimp-printのインストール

Gimp-Printのドライバをインストールする.

# yum install gimp-print-cups

プリンタの設定

  • プリンタを接続して,電源をonにする.
  • cupsの設定ページ(http://localhost:631)にアクセスする.
  • 「Printer」タグに遷移し,「add printer」ボタンを押す.
  • deviceを「USB Printer #1」にして,Model/Deviceにて「Canon S800 – CUPS+Gimp-print v4.2.7 (en)」を選択する.
  • プリンタの追加後に「config printer」ボタンを押し,Resolutionを「600×600 DPI」にする.
    以上でテストプリントをすると無事に印刷が実行された.
    キヤノンの純正ドライバが出るまではこれで過ごそうと思います.