ubuntu/ATOKX3

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

ATOKX3をubuntu(x64)で使う

参考

インストール

32bit版のIIIMFをインストール~

  • パッケージから該当のtarファイルを解凍して、/usr/lib32にコピー
    $tar zxvf atokx3.tar.gz 
    $cd ATOKX3/bin/tarball/IIIMF
    $tar zxvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js1.i386.tar.gz
    $cd usr/lib
    $sudo cp -a * /usr/lib32
  • libwrap0の32bit版をダウンロードして/usr/lib32にコピー
    $dpkg --fsys-tarfile libwrap0_7.6.dbs-14_i386.deb | tar xf -
    $cd lib/
    $sudo cp -a * /usr/lib32

ATOK X3のインストール

$ cd <CDパッケージの位置>
$ sudo ./setupatok_tar.sh

ファイルの場所を質問されるので、slocateで調べて入力する。

アップデートパッケージのインストール

$ cd atokx3up1
$ sudo ./setupatok_up1_tar.sh
$ cd bin//IIIMF
$ tar zxvf iiimf-server-trunk_r3104-js2.i386.tar.gz
$ cd /usr/lib
$ sudo cp -a * /usr/lib32

ATOKの設定

$ sudo /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh 

ログオフしてログオンし直すとATOKが使えるようになった.ただしパレットは表示されなかった.

設定変更

Shift+Spaceで切り替え

/etc/iiim/js_triggerkeys.confを編集して

Shift+space yes

とする.

他のATOK X3の設定を引き継ぐ

$HOME/.iiim/le/atokx3/users/<user name>

のディレクトリが設定になっている.コピーすると別のマシンでも同じ設定を使うことができる.

ubuntu/lvm

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

LVM

LVMの設定がコマンドラインで直接呼ぶのではなく,いちどLVMのコンソールに移ってから実行するように変更になったようす.

OS入れ替え時にlvmを復活させる

ディスクをそのまま残している場合は,lvをactiveにすれば使えるはず.

$lvn
lvn> lvscan
 inactive          '/dev/vg01/lvol0' [931.52 GB] inherit
lvm> lvdisplay vg01
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/vg01/lvol0
  VG Name                vg01
  LV UUID                8pbyfm-Gu2p-Ztbe-c07W-kloz-dNo1-YTJWWc
  LV Write Access        read/write
  LV Status              NOT available
  LV Size                931.52 GB
  Current LE             238468
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  • StatusがNOT availableになっているので、availableにする.
    lvm> lvchange -ay vg01
    lvm> lvdisplay 
      --- Logical volume ---
      LV Name                /dev/vg01/lvol0
      VG Name                vg01
      LV UUID                8pbyfm-Gu2p-Ztbe-c07W-kloz-dNo1-YTJWWc
      LV Write Access        read/write
      LV Status              available
      # open                 0
      LV Size                931.52 GB
      Current LE             238468
      Segments               2
      Allocation             inherit
      Read ahead sectors     auto
      - currently set to     256
      Block device           252:0
    lvm> lvscan
      ACTIVE            '/dev/vg01/lvol0' [931.52 GB] inherit
  • マウントする
    $ sudo mount /dev/vg01/lvol0 /mnt/hoge

ディスクを交換する

PT1に移行してからMPEG-2 TSで録画するようになりディスクの容量がたりなくなりました。HDDの価格も安くなったのと、そろそろ故障しそうな予感がするので500GBと2TBのディクスを交換することにしました。
参考

手順

  • ディスクのフォーマット
    古いディスク(/dev/sdb1)はまだつけたまま新しいディスク(/dev/sdf)を物理的に接続します。
    fdiskを使いディスクをフォーマットします。

    # sudo fdisk /dev/sdf

    詳細はわすれましたが、”n”で基本パーティションを作り、”t”でパーティションのフォーマット形式を変更(lvm “8e”)し、”w”で保存したと思います。

  • lvmの物理ボリュームに追加
    # sudo lvm
    lvm> pvcreate /dev/sdf1

    現状を確認する

    lvm> pvscan

    /dev/sdf1はどのボリュームにも属していないはずです。

  • 物理ボリュームをボリュームグループに追加する
    lvm> vgextend vg01 /dev/sdf1
  • 取り外すディスクのオプションを変更する
    lvm> pvchange -xn /dev/sdb1
  • ディスク内容を移動する
    lvm> pvmove /dev/sdb1 /dev/sdf1
  • ディスクをボリュームグループから取り外す
    lvm> vgreduce vg01 /dev/sdb1
  • ボリュームグループの容量を変更する
    ディスクの空き容量を確認する

    lvm> pvscan

    freeとなっている容量を確認する。

    lvm> lvextend -L +400G /dev/vg01/lvol0

    400GB拡張する

ubuntu/Network

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

2

eth0とeth1の認識変更

[ubuntu] Realtek 8111/8168 Onboard LAN Problem with 10.04 and Windows 7 dual boot

# download driver for r8168, and unpack
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsview.aspx?langid=1&pnid=13&pfid=5&level=5&conn=4&downtypeid=3&getdown=false
# go to driver location
cd r8168-8.020.00/
sudo rmmod r8169
sudo mv /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/net/r8169.ko ~/r8169.ko.backup
make clean modules
sudo make install
sudo depmod -a
sudo insmod ./src/r8168.ko
sudo mv /initrd.img ~/initrd.img.backup
sudo mkinitramfs -o /boot/initrd.img-`uname -r` `uname -r`
sudo echo "r8168" >> sudo /etc/modules
lspci -v
sudo reboot

ubuntu/roundcubemail

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

RoundCubeMail?

事前準備

postfixとdovecot-imapdをインストールしておく.

インストール

  • パッケージをインストール
    $ sudo apt-get install roundcube roundcube-core roundcube-mysql

    インストール中にmysqlのルートパスワードとroundcubeで使うユーザーのパスワードを訪ねられる.

  • mysqlのデータベース内容を確認
    mysqlにログインして作成されたユーザー名とデータベース名を確認する.

    $ mysql -u root -p
    > パスワードを入力する
    mysql> use mysql;
    mysql> select user from user;
    +------------------+
    | user             |
    +------------------+
    | root             | 
    |                  | 
    | root             | 
    |                  | 
    | debian-sys-maint | 
    | root             | 
    | roundcube        | 
    +------------------+
    mysql> show databases;
    +--------------------+
    | Database           |
    +--------------------+
    | information_schema | 
    | roundcube          | 
    +--------------------+

設定

  • 設定ファイルを編集
    • /var/lib/roundcube/config/main.inc.php
      default_hostとmail_domainの値を変更する.

      $rcmail_config['default_host'] = 'localhost';
      
      $rcmail_config['mail_domain'] = 'funaori.com';
  • Apache2の設定
    /etc/apache2/sites-available/defaultに/etc/roundcube/apache.confの内容を加えて再起動する.
  • phpのmysqlライブラリをインストール
    ブラウザでアクセスしてみるがDBに接続できない旨のエラーメッセージが表示される。
    /var/log/roundcube/errorの確認する。

     MDB2 Error: not found (-4): unable to find package 'MDB2_Driver_mysql' file 'MDB2/Driver/mysql.php'

    とのエラーがある。

    • php-mdb2-driver-mysqlをインストールする
      $ sudo apt-get install php-mdb2-driver-mysql

ubuntu/subversion

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

Subversionの設定

インストール

# apt-get install subversion libapache2-svn

ユーザを作成

ユーザを作成

# useradd -d /home/svn -s /bin/bash svn

ホームディレクトリを作成

# mkdir /home/svn
# chown -R svn:svn /home/svn

レポジトリを作成

svnユーザに変更

# su - svn

レポジトリを作成

$ svnadmin create /home/svn/repos

オーナとパーミッションを変更

$ chown -R svn: www-data repos
$ chown -R g+w repos

svnユーザをwww-dataグループに追加(スーパーユーザーに戻る)

# vigr
以下の行にsvnを追加
www-data:x:48:www-data,svn

httpアクセス設定

パスワードファイルを作成

#  htpasswd -c /usr/local/share/svn/.htpasswd username

/etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf を編集

<Location /svn_xxx>  
    DAV svn
    SVNPath /home/svn/repos
    AuthzSVNAccessFile /usr/local/share/svn/dav_svn.authz
    AuthUserFile /usr/local/share/svn/.htpasswd
    AuthGroupFile /dev/null
    AuthName "Subversion Repository"
    AuthType Basic
    Require valid-user
    Satisfy All
    allow from 192.168.1.0/24
    deny from all
</Location>

dav_svn.authzの作成

[groups] 
group1 = user1,user2

[/]
* =
@group1 = rw

Apacheを再起動して,http://127.0.0.1/svn_xxx にアクセスをしてみる.
認証が求められて,正しいユーザ名/パスワードを入力するとディレクトリが表示される.

tracの設定

インストール

apt-get install trac trac-ja-resource libapache2-mod-python

設定

保存先ディレクトリの作成

$ mkdir /home/svn/trac

初期設定

$ trac-admin /home/svn/trac/projname initenv
途中でtemplateの質問には"/usr/share/trac-ja-resource/templates"を指定

日本語のwikiをロードする

$ trac-admin /home/svn/trac/projname wiki load /usr/share/trac-ja-resource/wiki-default

オーナとパーミッションを変更

$ chown -R svn: www-data trac
$ chown -R g+w trac

Apacheの設定変更(/etc/apache2/conf.d/tracを作成)

<Location /trac>
  SetHandler mod_python
  PythonHandler trac.web.modpython_frontend
  PythonOption TracEnvParentDir /var/trac
  PythonOption TracUriRoot /trac
  SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /usr/local/share/svn/
</Location>
<LocationMatch "/trac/[^/]+/login">
  AuthType Basic
  AuthName "trac"
  AuthUserFile /usr/local/share/svn/.htpasswd
  Require valid-user
  Satisfy All
  allow from 192.168.1.0/24
  deny from all
</LocationMatch>

AuthUserFile?をSVNで使ったものと同じにする.
Apacheを再起動してhttp://127.0.0.1/trac にアクセスしてみる.
amd64の環境なのでApache起動時にエラーがでる.

  • /var/log/apache2/error.logの該当箇所
    TracError: ClearSilver not installed (/usr/lib/python2.5/site-packages/neo_cgi.so: undefined symbol: Py_InitModule4)

    clearsilverをインストールする

    # apt-get build-dep python-clearsilver
    # apt-get install python-dev
    # wget http://www.clearsilver.net/downloads/clearsilver-0.10.5.tar.gz
    # tar zxvf clearsilver-0.10.5.tar.gz
    # cd clearsilver-0.10.5
    # ./configure  --with-python=/usr/bin/python2.5
    # make
    # make install

ソースブラウザの文字コードを自動判定にする

  • 参考
  • chardetモジュールのインストール
    # apt-get install python-chardet
  • パッチファイルの編集
    ヤマロぶろぐにあるパッチファイルの行数をmiau’s blog?を参考に編集する.
  • patchを当てる
    api.pyが複数あったので全てにpatchを当てていく.

    # cd  /var/lib/python-support/python2.4/
    # patch -p1 < /tmp/trac_charset.patch
    # cd /var/lib/python-support/python2.5/
    # patch -p1 < /tmp/trac_charset.patch
    # cd /usr/share/python-support/trac/
    # patch -p1 < /tmp/trac_charset.patch
    # cd /usr/share/trac-ja-resource/python/
    # patch -p1 < /tmp/trac_charset.patch

プラグインのインストール

webadminプラグインのインストール

  • EasyInstall?をインストール
    setuptoolsからez_setup.pyをダウンロード

    # python ez_setup.py
  • webadminをインストール
    チェックアウト

    # svn co http://svn.edgewall.com/repos/trac/sandbox/webadmin/

    ビルド&インストール

    # cd webadmin
    # python setup.py install

    trac.iniの編集(/home/svn/trac/projname/conf/trac.ini).以下を最終行に追加

    [components]
    webadmin.* = enabled

    利用するユーザにTRAC_ADMIN権限を付与

    # trac-admin /path/to/trac/ permission add username TRAC_ADMIN

    Apacheを再起動してログインをすると”admin”タグが増えている.

AuthzWebadminPlugin?のインストール

  • インストール
    # svn co http://trac-hacks.org/svn/authzwebadminplugin
    # cd authzwebadminplugin/0.9/
    # python setup.py install
  • 設定
    trac.iniに以下を追加

    [trac]
    authz_file = /usr/local/share/svn/subversion.authz

    TracのWebにアクセスして,adminのpluginからenableに設定する.

Account Manager Pluginのインストール

  • インストール
    Trac HacksのFor Trac 0.10:に従う.

    # easy_install http://trac-hacks.org/svn/accountmanagerplugin/0.10

    Tracのadminタブのplug-inにAccountManager? 0.1.3dev-r3515が追加されている.必要なモジュールのenableにチェックをいれる.

参考

ubuntu/MP600

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

Canon MP600の設定

参考

Canon MP600 をUbuntu上で使用する

印刷機能

ドライバの入手

Canonのサイトからcnijfiler-commonとcnijfilter-mp600をダウンロードする.

ドライバのインストール

  • 下準備
    必要なパッケージをインストール

    $ sudo apt-get install alien libxml1 libpng12-0 libpng12-dev libgtk1.2 libgtk1.2-common

    よく理由はわかりませんがDebianプリンタドライバパッケージのドライバをインストールする。

    • /etc/apt/source.listに以下を追記する
      deb http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/ubuntu ./
    • ドライバのインストール
      $ sudo apt-get update
      $ sudo apt-get install libcnbj-2.6 bjfilter-2.6 pstocanonbj
  • Canonドライバのインストール
    変換したドライバをインストールする。

    $ sudo alien --script cnijfilter-common-2.70-1.i386.rpm
    $ sudo alien --script cnijfilter-mp600-2.70-1.i386.rpm
    $ sudo dpkg -i cnijfilter-common-2.70-2.i386.deb
    $ sudo dpkg -i cnijfilter-mp600-2.70-2.i386.deb
  • 必要なライブラリにシンボリックリンクを張る
    $ sudo ln -s /usr/lib/libtiff.so.4 /usr/lib/libtiff.so.3
    $ sudo ln -s /usr/lib/libpng.so /usr/lib/libpng.so.3
    $ sudo ln -s /usr/lib/libxml2.so.2 /usr/lib/libxml.so.1
    $ sudo ldconfig
    $ sudo /etc/init.d/cupsys restart

プリンタの設定

XFaceのメニューから「Applications」-「設定」-「印刷」でプリンタ設定のダイアログを表示する。
「新規プリンタ」をクリックして、デバイスの選択では「USB_Printer_1_with_status_readback_for_Canon_IJ」を、ドライバの選択ではPPDファイルを選択から「/usr/share/cups/model/canonmp600.ppd」を入力する。名前は適当に(mp600にしました)つける。

  • 純正プリンタユーティリティ
    純正プリンタユーティリティが文字化けをするので、/etc/gtk/gtkrc.ja.utf-8を作成して以下を追加する。

    style "gtk-default-ja-utf8" {
    fontset = "-adobe-helvetica-medium-r-normal--14-100-100-100-p-76-iso8859-1,\
    -ricoh-ms mincho-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0,\
    -misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0,\
    *-r-*"
    }
    class "GtkWidget" style "gtk-default-ja-utf8"

    プリンタユーティリティを機動する

     cngpij -P mp600

スキャン機能

純正のScanGear? MPとsaneの両方を試してみました.
ScanGear? MPはプレビューをしただけでSegmentation faultを起こします。まともに使えませんでした。
saneもA4サイズを300dpiでスキャンすると落ちてしまいます。しかし、プレビューや小さいサイズなら安定して動いています。

sane

ドライバのインストール

Scanner utility and SANE backend for Canon PIXMA MP seriesからmp150-0.13.1.tar.bz2をダウンロード
適当な場所で解凍してビルドをする

$ tar jxvf mp150-0.13.1.tar.bz2
$ make

プリンタに電源をいれて接続をしてインストール

$ sudo make install

質問にyesで答えて実行していくと、スキャナを見つけて設定も行ってくれる。

動作テスト

試しにスキャンをしてみる

$ ./scan output.pnm

スキャンボタンを押してくれなどと聞かれるので、原稿をセットしてスキャンボタンを押下する。うまく動いて画像ファイルが作成されればOK.
xsaneやeikazoをインストールするとGUIで操作が可能になる。

ScanGear? MP

ドライバの入手

Canonのサイト ScanGear MP for Linuxからcnijfiler-commonとcnijfilter-mp600をダウンロードする.

ドライバのインストール

$ sudo alien --script scangearmp-common-1.00-1.i386.rpm
$ sudo alien --script scangearmp-mp600-1.00-1.i386.rpm
$ sudo dpkg -i scangearmp-common_1.00-2_i386.deb
$ sudo dpkg -i scangearmp-mp600_1.00-2_i386.deb
  • 一般ユーザもツールを機動できるようにする
    /etc/udev/rules.d/10-udev.rulesを作成し下記を追記する。

    # scanner devices
    KERNEL=="sg0", GROUP="scanner"

    GROUPのところは実際に使用したいユーザグループに変更する。

追加のライブラリインストール

$ sudo apt-get install libpng3

ubuntu/NVIDIAドライバー

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

NVIDAドライバーのインストール

ubuntuのバージョンを6.10から7.10にアップグレードしたらXが立ち上がらなくなった.NVIDIAのドライバを再インストールしてもダメだった.エラーはinitializeに失敗したとか報告している.なんとか動作をさせることができたのでそのメモです.

NVIDIAのドライバーの削除

# nvidia-installer &#8211;uninstall

パッケージのインストール

# sudo apt-get install build-essential linux-source linux-headers-`uname -r` xserver-xorg-dev

NVIDAのドライバーをインストール

グラフィックカードはGeForce7600GSです.Ubuntuは64bit版を使っています.
なぜか100.14.11以外はうまくうごきませんでした.

# bin NVIDIA-Linux-x86_64-100.14.11-pkg2.run

ubuntuのNVIDIAドライバを無効にする

  • /etc/default/linux-restricted-modules-commonを編集
    nvとnvidia_newをDISABLEDに追加する

    DISABLED_MODULES=”nv nvidia_new”
  • /etc/modprobe.d/lrm-videoを修正
    すべてをコメントアウト

    # Make nvidia/nvidia_legacy and fglrx use /sbin/lrm-video to load
    #install fglrx /sbin/lrm-video fglrx $CMDLINE_OPTS
    #install nvidia /sbin/lrm-video nvidia $CMDLINE_OPTS
    #install nvidia_legacy /sbin/lrm-video nvidia_legacy $CMDLINE_OPTS
    #install nvidia_new /sbin/lrm-video nvidia_new $CMDLINE_OPTS

ubuntu/data_backup

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

別サーバにrsync

rsync + cron + ssh (rsyncd を立てない編)

コマンドの限定

バックアップ先のサーバにて,rootアカウントでのsshを公開鍵に指定したコマンドに限定する./etc/ssh/sshd_configを編集する.

PermitRootLogin forced-commands-only

sshの鍵作成

バックアップ先のサーバにて,ssh-keygenコマンドにて2ペア(rsync用,shutdown用)のパスワード無しの鍵を作成する.
秘密鍵はUSBメモリなどでバックアップ元に移動する.

コマンドの登録

  • 作成した公開鍵を登録する.
    # cat /root/.ssh/rsync.pub >> /root/.ssh/authorized_keys
    # cat /root/.ssh/shutdown.pub >> /root/.ssh/authorized_keys
  • rsyncのコマンドを得る
    バックアップ元で実行をしたいrsyncコマンドを実行して,登録するコマンドを得る.

    # rsync -vv -aurvop -H --delete-e "ssh -i /root/.ssh/rsync" /home/backup/ root@remote:/home/backup/
    Password:
    opening connection using ssh -i /root/.ssh/rsync -l root remote.example.com rsync --server -vvulHogDtprz --delete . /home/backup/ 

    rsync以降が登録をするコマンドになる

  • コマンドの登録
    バックアップ先の/root/.ssh/authorized_keysの一つめの鍵の冒頭にコマンドの指定を追加する.

    command="rsync --server -vvulHogDtprz --delete . /home/backup/" ssh-rsa AAAA..........

    また二つめの鍵にはshutdownコマンドを登録する.

    command="shutdown -h now" ssh-rsa AAAA....

コマンドのテスト

rsyncのコマンドはコマンドを得るときに使ったコマンドを実行する.(デバッグのレベルを下げてもよい)

# rsync -vv -aurvop -H --delete-e "ssh -i /root/.ssh/rsync" /home/backup/ root@remote:/home/backup/

shutdownのコマンドはsshにコマンドを追加して送信する.

# /ssh -i /root/.ssh/shutdown root@remote "shutdown -h now"

スクリプト化

自動的にバックアップ先のサーバが落ちている時は起動してバックアップするスクリプトを作成する.

コピー先の接続確認

ping $ip -c 4
if [ $? -ne 0 ];
then

WOLで起動

HOWTO: Set your system up for Wake On LAN (WOL)
Wake on LANを設定する

ethtoolの設定

常にWakeup On LANに反応するようにethtoolにてLANインターフェースのオプションを変更する.
/etc/init.d/wakeonlanconfigを作成

#!/bin/bash
/usr/sbin/ethtool -s eth0 wol g
exit

実行権限を与える

# chmod a+x wakeonlanconfig

スタートアップで実行されるように変更する.

#update-rc.d -f wakeonlanconfig defaults