vine

vine/RAID

R

AID5(ソフトウェアRAID)の新規作成

  • fdiskでパーティションの用意
# fdisk /dev/hdb
あとはfdiskでパーティションを作成
  • パーティションのIDを変更
コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-5): 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 1 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました
  • raidtoolsがインストールされているかの確認
# rpm -qa | grep raidtools
  • /etc/raidtabの作成
raiddev /dev/md0
raid-level      5
nr-raid-disks   2
nr-spare-disks  1
persistent-superblock 1
parity-algorithm        left-symmetric
chunk-size      128
device          /dev/hdb1
raid-disk       0
device          /dev/hdc1
raid-disk       1
device          /dev/hdd1
spare-disk      0
  • mdデバイスの作成
# cd /dev
# ./MAKEDEV md
  • raidの作成
# mkraid /dev/md0
  • raidディスクのフォーマット
#  mkfs.ext3 /dev/md0

RAID1(ソフトウェアRAID)の作成

今までRAID5でやっておりましたが,トラブルがあった後に直せなく,大量のデータを失ってしまったのでRAID1でやることにしました.

  • 基本的にはRAID5と同じ,ただ/etc/raidtabの記述を変更
raiddev /dev/md0
raid-level      1
nr-raid-disks   2
nr-spare-disks  0
persistent-superblock 1
parity-algorithm        left-symmetric
chunk-size      128
device          /dev/hdb1
raid-disk       0
device          /dev/hdc1
raid-disk       1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です