CentOS/Anthy+SCIMの設定

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

Anthy+SCIMの設定

参考ページ
基本的な内容は参考ページと同じです.しかし,x86_64のためかそのままインストールしたのでは動作が安定しなかったので,SRPMをダウンロードして再ビルドすることにしました.

パッケージのダウンロード

  • centos.karan.orgから以下のパッケージをダウンロードします.
    scim-1.4.4-1.el4.kb.src.rpm
    scim-anthy-0.9.0-1.el4.kb.src.rpm
    anthy-7100b-1.el4.kb.src.rpm
    kasumi-1.0-1.el4.kb.src.rpm
  • リビルドしてインストール
    それぞれのパッケージ毎にrpmbuildコマンドでリビルドを実行し,できあがったrpmをインストールする.

    $ rpmbuild --rebuild <パッケージ名>.src.rpm
    $ cd ~/rpm/RPMS/x86_64/
    $ su
    # rpm -ihv <パッケージ名>.rpm
  • scim-anthyはうまくいかないところがありましたので少し修正を加えます.
    $ rpm -ihv scim-anthy-0.9.0-1.el4.kb.src.rpm
    $ cd ~/rpm/SPEC

    scim-anthy.specの%install部分を編集

    <編集前>
    rm $RPM_BUILD_ROOT%{_libdir}/scim-1.0/{IMEngine,SetupUI}/*.la
    <編集後>
    rm $RPM_BUILD_ROOT%{_libdir}/scim-1.0/1.4.0/{IMEngine,SetupUI}/*.la

    リビルドを実行してインストールする.

    $ rpmbuild -ba scim-anthy.spec
    $ cd ~/rpm/RPMS/x86_64/
    $ su
    # rpm -ihv scim-anthy-xxx.rpm
  • 「system-switch-im」が起動しなくなるので修正する。
    # cd /etc/X11/xinit/xinput.d
    # mv bn_IN bn_IN.bak
    # mv gu_IN gu_IN.bak
    # mv kn_IN kn_IN.bak
    # mv ml_IN ml_IN.bak
    # mv pa_IN pa_IN.bak
  • IMの変更
    # system-switch-im

vine/HotSaNIC

Posted コメントするカテゴリー: vine

HotSaNICの一覧を更新

PCの負荷を計測するためにHotSaNICを使うことにした.
インストールについては,こちらHotSaNIC-0.5のインストールを参照した.

問題点

うまく動作はしているのだが,現在の様子を知るためには,トップ画面からそれぞれのグラフに一つ進まなければならないのが気に入らない.できることならトップ画面のサムネイル画像が更新されて,大まかに現在の様子をしることができるようにしたい.

解決方法

サムネイルの更新には,”convert.pl”を実行すればいいのだが,cronから定期的に実行させようとすると失敗する.中身を覗いてみると,コマンドを実行したカレントディレクトリを参照しているため,HotSaNICを解凍したディレクトリでないとうまくいかないようだ.
とりあえずcronから使えるように”convert.pl”を書き換えてみた.

7行目
 use lib "./lib";
 "./lib"の部分をHotSaNICを解凍したディレクトリの絶対PATHに変更する.
 例
 use lib "/usr/local/share/HotSaNIC/lib";
15行目
 my %CONFIG = HotSaNICparser::get_config(".");
 "."の部分をHotSaNICを解凍したディレクトリの絶対PATHに変更する.
 my %CONFIG = HotSaNICparser::get_config("/usr/local/share/HotSaNIC/");

これでconvert.plをcronに登録して定期的に実行することで,トップ画面のサムネイル画像が更新されるようになった.

vine/Apache basic認証

Posted コメントするカテゴリー: vine

basic認証の設定方法

Apacheで一部フォルダに対して,アクセスするのにbasic認証を設定する方法

.htaccessを使えるようにする

httpd.confの対象のディレクトリ設定に”AllowOverride? Limit”もしくは”AllowOverride? All”を追加して,.htaccessを使えるようにする.
例:

<Directory "/">
Options SymLinksIfOwnerMatch
AllowOverride Limit
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

.htaccessファイルの設定

basic認証を設定するフォルダに.htaccessファイルを作成する.
例:

AuthUserFile /home/hogehoge/.htpasswd
AuthName "Page Title"
AuthType Basic
Require user username

.htpasswdファイルの作成

.htaccessのAuthUserFile?で指定したPATHに.htpasswdファイルを作成する.
.htpasswdファイルの作成にはApacheのhtpasswdコマンドを使用する.

htpasswd -b .htpasswd USERNAME3 PASSWORD

ubuntu/memo/postgreSQL

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

PostgreSQL関連メモ

PostgreSQLメモ

ユーザの新規作成

$ creageuser user_name

既存ユーザのパスワード変更

postgres=# alter user user_name with password 'password';
postgres=# \q

既存ユーザにデータベースとユーザの作成権限をあたえる

postgres=# alter user user_name CREATEUSER CREATEDB;

テーブルの作成

portfolio=# CREATE table table_name(date timestamp, rate numeric);

テーブルの内容確認

portfolio=# \d table_name

テーブルの内容をエクスポート・インポート

  • エクスポート
    portfolio=> copy aud2jp to '/tmp/aud2jp';
  • インポート
    portfolio=> copy aud2jp from '/tmp/aud2jp';

Apacheからの接続

  • apacheユーザの作成
    $ createuser apache
  • テーブルのアクセス権限をあたえる
    $ psql -n SampleDB
    SampleDB=> grant select on SampleTable to apache;

テーブル削除

SampleDB=> drop table tablename;

データベース削除

$ dropdb db_name

ubuntu/NFS

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

NFSの設定

参考ページ
参考ページ(rsync)

Server側

  • パッケージをインストール
    $ sudo apt-get install nfs-kernel-server nfs-common
  • NFSアクセスのディレクトリ設定
    • /homeディレクトリを参照可能にする.
    • rootのアクセスはrootとして振る舞える様にする.

/etc/exportsの編集,括弧の前にスペースを含まない

/home   192.168.1.2(ro,no_root_squash)
                   ^
  • RPCのアクセスを許可する.
    • 定のPCからのRPCアクセスを全て許可.

/etc/hosts.allowの編集

ALL : 192.168.1.2/255.255.255.255 ← 追加
  • 設定の反映
# exportfs -a
# /etc/init.d/nfs-kernel-server restart

NFS Client側

  • マウント先を作成
# mkdir /mnt/old-home
  • マウント設定

/etc/fstabを編集

192.168.1.1:/home       /mnt/old-home           nfs     user,noauto     0 0
↑この行を追加
  • マウントの実行

CentOS/fontの追加

Posted コメントするカテゴリー: CentOS

フォントの追加

M+ と IPAフォントの合成フォントが読みやすくてかつフリーとのことでしたので,追加してみました.
/usr/share/fonts/ja/TrueType/にフォントのファイルを保存して,mkfontdirとmkfontscaleのコマンドを実行するだけでした.

$ wget http://prdownloads.sourceforge.jp/mix-mplus-ipa/20216/mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520.tar.bz2
$ tar -jxvf mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520.tar.bz2
# cp M+_IPA]cd mixfont-mplus-ipa-TrueType-20060520/opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAFonts_and_Mplus/fonts/*.ttf       /usr/share/fonts/ja/TrueType/
# cd /usr/share/fonts/ja/TrueType/
# mkfontdir
# mkfontscale

vine/留守番電話サーバ

Posted コメントするカテゴリー: vine

モデムのインストール

  • 使用ハード

RATOC社 REX-PCI56

  • ドライバ

サポートページからpci562418.tar.gzをダウンロード

kernel再構築

[Plug & Play]-[ISA PNP]を無効にして,kernelを再構築する.

# cd /usr/src/linux
# make menuconfig
  メニューから[Plug & Play]-[ISA PNP]にいきチェックをはずし保存する.
# make dep ; make clean ; make bzImage ; make modules ; make modules_install ; make install

モデムドライバーのインストール

  • モデムデバイスを削除
# rm /dev/modem
  • インストール
# mkdir pci56
# cd pci56
# tar zxvf ../pci562418.tar.gz
# ./install
  • モジュール読み込み確認

/var/log/messageに下記のメッセージが現れているかを確認

ptserial.o init.  country_code = 0
PCTel device (0x40) found: irq = 10, iobase = 0xd000.
Serial driver version 4.27.215 (PCT789) (09-14-2001) with MANY_PORTS SHARE_IRQ SERIAL_PCI enabled
Nov 24 23:28:53 junglepocket kernel: ttyS15 at 0xd000 (irq = 10) is a 16C950/954
  • 動作確認
    • uucpをインストール
# apt-get install uucp
  • cuコマンドで動作チェック
# cu -l /dev/modem 
Connected.
AT
OK
  • 起動時の読み込み

詳しい理由はわからないが,/etc/modules.confに追加するのではうまくいかない.なので,/etc/rc.d/rc.localに下記を追加する.

/sbin/insmod /lib/modules/pci56/lib/pctel.o
/sbin/insmod /lib/modules/pci56/lib/ptserial.o

ubuntu/HDD完全消去

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

HDDの完全消去

入らなくなったHDDのデータを消去してみました.

  • HDDの接続
    消去するHDDとUSB-CDROMドライブを接続する.
  • ubuntu7.10 jaのCDからbootする
  • HDDの接続を確認する.
    $ sudo su
    # grep hd /var/log/message

    hdaやhdbなど消したいHDDらしいものを検索する.

  • 消去
    # shred -n 4 -z /dev/hda

    これでランダムな書き込みを4回行い,最後に0を書き込んで行く.

ubuntu/TV録画

Posted コメントするカテゴリー: ubuntu

TV録画

UbuntuでのTV録画の設定メモです
使用機器:PLEXTOR PX-TV402U

ドライバの設定(9.04)

kernel 2.6.27になり前バージョンのドライバはビルドで失敗してしまうようになりました。幸いなことに海外モデルを使われている開発者さまがいらっしゃるようで、対応のドライバがありました。go7007.imploder.org

  • インストール
    $wget http://go7007.imploder.org/wp-content/uploads/2009/02/wis-go7007-linux-098-4tar.bz2
    $ mv wis-go7007-linux-098-4tar.bz2 wis-go7007-linux-098-4.tar.bz2
    $ tar jxvf wis-go7007-linux-098-4.tar.bz2
    $ cd wis-go7007-linux-098-4
    $ make
    $ sudo make install

Mythtvのインストール

  • パッケージのインストール
    $ sudo apt-get update
    $ sudo apt-get install mythtv mythtv-themes
    • パスワードの変更
      パッケージのインストール途中でパスワードを変更するなら云々というメッセージがでるので,インストール後の以下のコマンドでパスワードを変更する.

      $ sudo dpkg-reconfigure mythtv-common
    • mysqlの設定変更
      /etc/mysql/my.cnfを編集して,以下のbind-addressの行をコメントアウトする.

      #bind-address           = 127.0.0.1

      mysqlを再起動する.

      # /etc/init.d/mysql restart
  • xmltvの設定
    • xmltvのインストール
      $ sudo apt-get install libtext-kakasi-perl xmltv
    • ビデオソースの設定
      $ tv_grab_jp --configure

      TV局は地域を選択してから,各局の追加の有無を選択する.
      CSは地域でCATV(47)を選択し,4桁に1000と入力しそこから地道にYes/Noを選択していく.

  • mythtvバックエンドの設定
    オモイノホカ日々徒然を参考に設定していく
    ビデオソース設定でうまくDBに接続ができないようなので,DBの権限を再設定する.

    $ mysql -u root -p
    password:<パスワードを入力>
    mysql> grant all on mythconverg.* to mythtv@"localhost" identified by "mythtv";
    mysql> flush privileges;
    mysql> quit

    再度mythtv-setupを実行すると,途中でコンソール画面になりチャンネルの選択画面になる.

    • 番組表を取得する.
      # mythfilldatabase

      すこし時間がかかる.

      # mythfilldatabase --manual --refresh-all --max-days 1

      個別に質問をされるので,チャンネル番号を入力する.

    • 入力とソースの接続
      先ほど設定したビデオソースをTelevisionと関連づける.
  • TV放送とANIMAXの併用
    アナログ入力からはTV放送を,combositeからはCSチューナー出力を入れANIMAXを録画するようします.
    ビデオソースでTV放送用とANIMAX用を別々に作成する.
    入力とソースの接続で,「Television」にTV放送のビデオソースを関連づけ,「combosite」にANIMAXのビデオソースを関連づける.
    しかし,このままだとTV放送は録画できたが,ANIMAXの放送がうまくいかない.

    • ANIMAXを録画したときのlog
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel::GetCurrentChannelNum(0): Failed to find Channel '0'
      2007-08-04 00:46:05.342 Channel(/dev/video0)::TuneTo(0): Error, failed to find channel.
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4) Error: Failed to set channel to 0. Reverting to kState_None
      2007-08-04 00:46:05.342 TVRec(4): Changing from RecordingOnly to None
      2007-08-04 00:46:05.345 Canceled recording (Recorder Failed): 0 (724ch) "?  8? 4 00:46:00 2007": channel 2000 on cardid 4, sourceid 2
      2007-08-04 00:46:06.305 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:06.305 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.728 MainServer::HandleAnnounce Monitor
      2007-08-04 00:46:07.728 adding: cululu as a client (events: 0)
      2007-08-04 00:46:07.755 Reschedule requested for id 31.
      2007-08-04 00:46:07.779 Scheduled 1 items in 0.0 = 0.02 match + 0.01 place
      2007-08-04 00:46:08.407 Error deleting '/home/mythtv/2000_20070804004600.nuv': No such file or directory

      似たようなエラーの回避がmythtv-usersに投稿されていた.参考にして「入力とソースの接続」-「/dev/video0(combosite)」のページの「外部チャンネル変更コマンド」に「/bin/true」と入力する.すると録画がうまくできるようになりました.

  • mythfrontend
    mythfrontendを起動して,録画のプロファイルで画像サイズの設定などを行い,実際に録画予約する.うまくいけばメディアライブラリに録画がたまる.

mythwebのインストール

  • パッケージのインストール
    # apt-get install mythweb
  • 設定
    apacheのdefault rootのパスを変更しているので,シンボリックリンクの作りなおす.

    # cd /htmldir
    # ln -s /usr/share/mythtv/mythweb .

    apacheのユーザも変更してあるので,ファイルの所有者も変更する.

    # chown -R apache:apache /usr/share/mythtv/mythweb
    # chown -R apache:apache /var/cache/mythweb/image_cache

    apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)に下記を追加する.

    <Directory "/htmldir/mythweb">
      Otions         FollowSymLinks
      AllowOverride   All
    </Directory>

    apacheを再起動して,http://127.0.0.1/mythwebにアクセスしてみる.

  • パスワード認証を追加する
    • パスワードファイルを作成する.
      # htpasswd -c /etc/apache2/httpd-passwords USER1
    • パスワードファイルのアクセスを制限する.
      # chmod 640 /etc/apache2/httpd-passwords
      # chown apache:apache /etc/apache2/httpd-passwords
    • apacheの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/default)を変更する.
       <Directory "/htmldir/mythweb">
         Options         Indexes FollowSymLinks
         AuthType Basic
         AuthName "MythTV"
         AuthUserFile /etc/apache2/httpd-passwords
         require user USER1
         Order allow,deny
         AllowOverride   All
      </Directory>

      apacheを再起動してmythwebのページにアクセスするとユーザ名とパスワードを問われる.

mythwebがモバイル用から戻らない

一度Advanced W-ZERO3からMythwebにアクセスをしたところ,以降PCでもmythwebの画面がモバイル用になって戻らなくなってしまった.mysqlのdbにユーザー毎のセッション情報が保存されてしまうためリセットが必要らしい.

$ mysql -u root -p
> use mythconverg;
> delete from mythweb_sessions;

これでリセットされて通常のレイアウトに戻る.
モバイルからもアクセスをする場合には異なるユーザー名を使うことが推奨されているみたい.

wizdのインストール

いろいろと派生があるようですが,サムネイル表示を使ってみたかったのでwizd 0.12gt3をいれてみることにしました.
Kosuke’s Secret room

  • 必要ライブラリのインストール
    # apt-get install libjpeg62-dev
  • インストール
    • wizdサーバを再コンパイル
      $ tar jxvf wizd-012gt3.tar.gz
      $ cd wizd_012gt3
      $ make clean
      $ make
    • wizdのバイナリをコピー(私は/usr/local/share/wizd/にしました.)
      $ sudo cp wizd /usr/local/share/wizd/
  • 設定
    document_rootとthumbnail_rootを決めて,wizd.confを設定しました.そのほかskinと番組名表示用のスクリプトも同じくdocument_rootとthumbnail_rootを合わせて設定しました.

    • skinの設定
      スキンはbw_wizd_006を使うことにしました.
    • 番組名の表示
      オモイノホカ日々徒然のnuvlinksスクリプトを使い,番組名のリンクを作成する.
      wizdからこのスクリプトの呼出が可能なようですが,名前がpage_gen.cgiとなっているので,名前を変更して/usr/local/binに保存し,シンボリックリンクをwizdのdocument_root/cgi-bin/に作成しました.

nuvからaviへの変換

最終的に録画した番組を,少し古いですが長瀬産業 DVX-500で見れるようにしたいです.しかし,試してみるとMPEG4でハードエンコードしたnuvファイル(のシンボリックリンク)の動画は再生されませんでした.
いろいろと調べてみるとnuvはMPEG1/2のストリームと互換があるようだが,MPEG4だとaviファイルにする必要があるらしいです.
試しにwis-go7007のドライバに付属のgorecordで録画した映像をwizd経由でDVX-500に読ませてみたら,ちゃんと再生・早送りなどができたので,音声・映像のコーデックは対応しているがファイルのヘッダーやインデックス情報がたりないのだと思います.

  • avidemux
    映像の編集ソフトです.これで読み込み・保存をしてもnuvからaviへの変換ができるとの情報がありましたので,試してみました.保存まえに”rebuild-index”を実行して保存したaviをDVX-500で読み込むと,映像・音声の再生と早送りなどもすることができました.
  • rebuild-indexのスクリプト化
    avidemuxは2.4.0からコマンドライン版も用意されています.コマンドライン版を使い自動的に実行されるようにスクリプトを作成しました.

    • nuv2avi_rebuilindex.sh
      #!/bin/bash
      CMD_AVIDEMUX="/usr/bin/avidemux2_cli"
      
      if [ -e "$*" ]; then
          INPUT_FILE="$*"
          TMP_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_tmp.nuv"
          OUTPUT_FILE=`/bin/echo ${INPUT_FILE%.*}`"_new.nuv" 
      
          $CMD_AVIDEMUX --autoindex --load $INPUT_FILE --rebuild-index --save $OUTPUT_FILE --quit
          if [ $? = 0 ]; then
              /bin/mv -f $OUTPUT_FILE $INPUT_FILE
              IDX_FILE=$INPUT_FILE".idx"
              if [ -e $IDX_FILE ]; then
                  /bin/rm -f $IDX_FILE
              fi
          fi
      fi

こちらのスクリプトを/usr/local/binに保存して,mythtv-setupでユーザージョブに「/usr/local/bin/nuv2avi_rebuildindex.sh “%DIR%/%FILE%”」と加えて,mythfrontendの設定でユーザージョブを有効にしました.録画実行後に自動的にnuvからaviに変換がされ,さらに番組名のシンボリックリンクも作成されるので,録画後すぐにDVX-500でみることができるようになりました.