CentOS

CentOS/K9Copyのインストール

k9cop

yのインストール

k3bというLinux用のCD/DVDライティングソフトからたどり,k9copyというLinux用のDVDコピーツールを見つけました.片面2層を1層分の容量にあわせて調整することができ,かつメニュー・音声・字幕もそのままに保てるとの事でした.

開発環境の準備

KDEやQtなどのバージョンが足りないので,kde-redhatからパッケージをインストールする.
私の環境(x86_64)ではバイナリのパッケージはうまくインストールできなかったので,src.rpmをダウンロードして再コンパイルしてインストールすることにしました.

yumでのsrc.rpmのダウンロード

kde-redhatではwebにsrc.rpmをつるしていないようなので,yumdownloderを使いダウンロードする.

  • yum-utilsをインストールする
    # yum install yum-install
  • repositoryにkde-redhatを追加する.
    kde-redhatRedHat? Enterprise用のkde.repoをダウンロードして/etc/yum.repos.d/kde-redhat.repoとして保存する.

    • PGP公開鍵のインストール
      # rpm --import http://kde-redhat.sourceforge.net/gpg-pubkey-ff6382fa-3e1ab2ca
  • yumdonloaderで関連するパッケージのsrc.rpmをダウンロードする.
    $ yumdownloader --source kdelibs
    $ yumdownloader --source kde-i18n-Japanese
    $ yumdownloader --source qt
    $ yumdownloader --source OpenEXR
    $ yumdownloader --source arts
    $ yumdownloader --source jasper
    $ yumdownloader --source kde-config
    $ yumdownloader --source kde-filesystem
  • src.rpmのリビルド・インストール
    順番は忘れましたが,順次リビルドをしてからインストールをする.

    $ rpmbuild --rebuild name.src.rpm
    # rpm -Uhv ~/rpm/RPMS/<dir>/name.rpm
    • 二重にインストールされている場合
      私の環境では何故かkdelibsなどは同じバージョンのパッケージが2つ登録されており,インストールもアップグレードもそのままではできませんでした.無理矢理アップグレードをしてなんとかそれらしくしました.

      # rpm -qa | grep kdelibs
       kdelibs-<old>
       kdelibs-<old>
      # rpm -Uhv --force kdelibs-<new>.rpm
      # rpm -qa | grep kdelibs 
       kdelibs-<new>
       kdelibs-<old>
      # rpm -e kdelibs-<old>
      # rpm -Uhv --replacepkgs kdelibs-<new>.rpm
       kdelibs-<new>
  • その他のインストール [#k2448738]
    上記をリビルドするのにいくつか必要な開発環境がありましたが,CentOSのレポジトリからyumでインストール可能でした.以下は私の環境で追加したパッケージです.

    fltk-devel
    freeglut-devel
    nas-devel
    lua
    xdg-utils

k9copyのコンパイル

configureでKDEのライブラリが足りないと怒られる.configureスクリプトとconfig.logを良く観てみると,KDEのライブラリのPATHに64ビットによるPATHの変化への対応が含まれていない.configureを編集して対応する.

  • 編集前(L29115)
    kde_incdirs="/usr/lib/kde/include /usr/local/kde/include /usr/local/include /usr/kde/include /usr/include/kde /usr/include /opt/kde3/include /opt/kde/include $x_includes $qt_includes"
  • 編集後
    kde_incdirs="/usr/lib${libsuff} /usr/lib/kde/include /usr/local/kde/include /usr/local/include /usr/kde/include /usr/include/kde /usr/include /opt/kde3/include /opt/kde/include $x_includes $qt_includes"

後はお決まりの通りにコンパイルしてインストールする.

$ ./configure
$ make
# make install

DVDのリッピング

DVDからHDDに圧縮などせずにそのままコピーするツールもついでにインストールする.今まではdvdbackupを使っていましたが,CentOSではコンパイルに失敗するのでこちらを使う事にしました.
vobcopy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です